テーマ:ドライブ散歩

下諏訪温泉/国民宿舎 山王閣(長野県下諏訪町)

                              ≪2013.04.03≫  神社の境内に温泉旅館があるのは珍しい、そんな雰囲気のする強烈な壁の色 「諏訪大社総本社秋宮」の境内に建つ国民宿舎、立寄り湯500円(物味湯産手形で半額) ロビーには御柱で使われた物が飾られ、歴史を感じる館内 浴室は玄関のすぐ横、一…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ゼロ磁場の宿 入野谷/氣の湯(長野県伊那市長谷)温泉ではない

≪2013.0319≫ 話題のゼロ磁場「分杭峠」の上り口に、気になっていた看板があった 「気の湯」   公共の宿 日帰り入浴ができる(温泉ではない) 物味湯産手形の利用可能とのこと 玄関にゼロ磁場の石が飾ってあった 廊下には 氣 日帰り入浴用の休憩室もあり 内湯が3ヶ所に区切られていて、サウナの隣の水風…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

渋沢温泉/ウッディ・もっく (長野県松本市奈川)

野麦峠スキー場に近い宿泊施設、宿泊棟 向いの建物が温泉、レストラン棟で立寄り湯の受付する、 400円(温泉博士) 薪ストーブのあるロビーの壁には野鳥の写真パネルが飾ってあった 内湯だけだが、勝手に窓を開けさせてもらった、気持ち良い風が入ってきて露天風呂のよう 透明な湯で PH9.7と高いアルカリ性の冷泉を加熱循環…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

浜平温泉/しおじの湯(群馬県上野村)5

  一年前にも来ました 、下仁田方面から南牧村と上野村にトンネルが開通しているのですごく来やすい、 ≪前回2012/02/17 ≫ 正に谷間で周辺にはほとんど何もない、歩いては来れない場所で、こんな山の中に日帰り温泉施設 今日のお客さんは村の方でなく群馬県内の方が多かった 泉質はメタケイサン系の弱酸性の冷鉱泉、透明でサラッとし…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

昼神温泉/ひるがみの森(長野県下伊那郡阿智村)

「昼神温泉郷 リフレッシュinひるがみの森」は宿泊もでき、プールもある日帰り温泉施設、1000円(物味湯産手形) 大広間でセルフ食事 内湯の湯口には源泉が注がれ、循環加熱、アルカリ単純硫黄泉、源泉29.8℃、温泉表示によるとPH9.7だが実際はそれほど感じなかった 露天風呂 昼神温泉街 昭和48年、長野県と岐阜県境…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

大町温泉郷/ ニュー河内屋(長野県大町市)

大町温泉郷は、高瀬川渓谷にある葛温泉からの引湯して、計画的に作られた温泉地で黒部アルペンルート観光の玄関口に、立派な温泉ホテルのビルが何軒も建ち並ぶ ニュー河内屋、立寄り湯、(物味湯産手形を利用) 広いロビーに、古伊万里の特大皿が飾られている 浴室は最上階の5階にある、内湯の中央に大きな石の湯口から湯の流れる音が浴室内に響…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

新穂高温泉/槍見館(岐阜県高山市奥飛騨温泉郷)

奥飛騨温泉郷、北アルプスの槍ケ岳が見える秘湯の宿、槍見の湯・槍見館、立寄り入浴500円(温泉博士) コモ(むしろ)が敷かれたアプローチ、秘湯の宿の雰囲気が漂う 館内は古民家の立派な梁と柱を使ったおしゃれな和風 今日は名物の露天風呂「槍見の湯」が清掃中で、変わりに日帰り客に貸切風呂が開放されていた 男女共2ヶ所づつ…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

四万温泉/上之湯(群馬県吾妻郡中之条町)

四万温泉の共同湯 の一つ、無料(寸志)、9:00~15:00、駐車場は無い 入口で清掃の当番表の木札が目に入った、地区の湯をこうして開放していただき感謝しながら入ろう 男女別の内湯で、それぞれ2つの湯船に源泉が掛け流れています、 身体を沈めると湯船からザーっと溢れる、気持ち良い温泉だ ナトリウム、カルシウムー塩化物硫…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

スパティオ小淵沢 ・延命の湯(山梨県小淵沢市)

「道の駅こぶちざわ」に隣接した宿泊と日帰り温泉施設「スパティオ小淵沢」、 600円、(温泉ラリー期間中100円割引クーポン) ホテルから連絡通路には売店、食堂も隣接していて、畳の休憩室もある 広い内湯、ナトリウムー塩化物、炭酸水素塩泉、源泉58℃、循環、透明だが薄く茶色に濁っている 露天は2つあり手前は温めの設定でゆ…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

横谷温泉旅館(長野県茅野市)

奥蓼科温泉郷の横谷渓谷に建つ旅館 昼間の立寄り湯は12時~15時、1500円(温泉博士+500円)、 館内は和風でロビーには、茶室のような建物 受付を済ましお風呂場の案内には120歩と書いてある、「もし120歩で着かなかったら足が短かったんだ、と思ってもう少し頑張ってくださいね」とスタッフの冗談も接客慣れしているようだった・・・…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

信州健康村(長野県長野市篠ノ井)

25年前にオープンした健康ランド、スーパー銭湯の先駆け的な存在、館内着が付いた健康村基本料金は有るが タイムサービス 2時間500円、(温泉博士に初登場) 館内は食堂、ゲームコーナーなどの施設があって、いずれも大勢のお客さんの利用できる広さだった 広い浴室には種類の多い浴槽、大浴槽は改装中とのことで使用できなかったり、また流…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

国民宿舎 榛名吾妻荘(群馬県東吾妻村)

公営の国民宿舎・・・立ち寄り湯を温泉博士で利用させてもらった ・・昨年の夏にも掲載されて訪問したが男湯は清掃中で入れなかったのでリベンジ 最上階にある広い浴室、天然温泉ではないが展望は最高 榛名湖や榛名富士が一望でき、湖面は結氷していて夏とは違った景色を見ながら湯に浸かった {%車(RV)docom…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

安曇野穂高温泉郷 /しゃくなげ荘(長野県安曇野市)

赤松の林の中にある、温泉旅館、日帰り入浴 400円、(今日は”4日”、毎月4の付く日は安曇野市民は半額とのことで、また正月とのこともあり大勢の入浴者がいた) しゃくなげは秋から、つぼみを作り寒さに耐えて春を待っている 日帰り客用に2階に小さい休憩場があるが、玄関のロビーでも休んでいた 浴室は増築したような造りになってい…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

西下仁田温泉/ 荒船の湯(群馬県甘楽郡下仁田町)

町営の日帰り温泉施設、500円、月曜休業・・・・(本年は今日が最終日) ロビーは広々していて、畳の休憩室もあり、食事も注文できる 内湯には、3個の浴槽、小さい丸い浴槽は38℃位のぬる湯設定にになっていた 露天風呂、泉質は強塩化物系の冷鉱泉で、加熱循環、消毒 「荒船山」は、長野県との県境に位置する、標高1,42…
トラックバック:0
コメント:21

続きを読むread more

高山温泉/高山ふれあいプラザ(群馬県吾妻郡高山村 )

先週は長野県の高山村、今日は群馬県の高山村へ 3年前に来た時は、たかやまハワイアンセンター の名称だったが、あれから経営が変わり、村主体の管理に戻ったようだ、500円、毎月10日休業 内湯の源泉は 2Kmほど離れた村営の「いぶきの湯」から引湯しているようだ ナトリウム・カルシウム塩化物泉、加水、加熱循環、内湯と露天では源泉が違…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

「道の駅:雷電くるみの里」と「雷電為右衛門の生家」(長野県東御市)

今日は、今年二度目の訪湯 甘楽町総合福祉センター/かんらの湯 (群馬県甘楽町) この地域は瓦産業の歴史があるようで内湯の湯口は鬼瓦・・・ 中央の六角浴槽が唯一の温泉、加熱循環     かんらの湯←本年4月の記事 ・・・・・・・・・・帰り、軽井沢からの今日の浅間山 浅間山の山麓…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

上増田温泉 /砦乃湯(群馬県安中市松井田町)

国道18号、松井田から、長閑な集落を抜け数キロ、沢沿いの日帰り温泉施設(手前の看板で間違えて旧館行ってしまった) 2004年に来た時は小川が流れる淵にあったが、その後火災により2007年に別な場所に新館を建て営業している 600円(3時間)、定休日は月曜日と水曜日の週2回←最新情報 元気なワンちゃんが迎えてくれる   ナト…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

北アルプスの見える村をドライブ散歩

村の道を走ると、いたる所から冠雪した北アルプスが見える、 今日は曇りで、すっきりとは見えなかった 火の見やぐら、最近は鐘を下に降ろし、登らなくても鳴らせるようになっているところを見かける、高齢化対応でしょうか これが信州の野沢菜、1m位に大きくなる、アルプスの見える標高の高いところで栽培 収穫は今が最盛期、何回か霜に…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

海野宿(うんの)/ 長野県東御市:旧東部町

≪11月23日≫ 加賀井温泉/一陽館へ、ワシは風邪気味で湯には入らないで電気屋で時間つぶし  妻はスパspa 俺は風邪ひき スパはパスpass 海野宿・・・・・・ 「海野宿ふれあい祭り」 開催中だった 観光化された木曽の「馬篭宿」や「妻籠宿」は有名だが この町は普段は数軒の店しかなく住人は 観光化でなく保存…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

松代PAから勘助に参拝、そしてぬる湯

上信越自動車道の松代PAは、一般道から利用できる PAの通路の壁に合戦の屏風写真が 下り線PAから上り線SAまで歩道になっていて上り線の食堂を利用した 途中の芝生には、川中島合戦の上杉軍と武田軍を想定して庭石で表した広場になっている その合戦で武田軍の軍師「山本勘助」が信玄に勧めた「きつつき戦法」・・・ 勘助の戦法…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

加賀井温泉/一陽館(長野県長野市)また、また

昨日は良い天気、妻が布団干し・重たいせんべい布団、今朝になって腰が痛いとのこと、二か月ぶりに、またまた「一陽館」へ   8月の記事 混浴露天は、いつもの常連さんと噂を聞きつけた足腰ちょっと?痛い人で朝から賑やか、病院で言えば内科病棟と違って外科病棟は賑やか、・・・・・口は健康だからね 常連は施設や庭の事までよく知っている、露…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

滝沢温泉/滝沢館(群馬県前橋市粕川町)2

赤城神社の松並木からさらに上る、赤城山の中腹に一軒宿。立寄り湯600円 露天風呂は数メートルほど渓流に降り、離れのような脱衣棟 粕川の渓流沿いに男女別の露天風呂 カルシウム・ナトリウム・マグネシウム・炭酸水素塩冷鉱泉、加熱循環、薄濁りでやや鉄臭、気持ちの良い泉質、 渓流のせせらぎと木々の自然の中で解放感抜群 …
トラックバック:0
コメント:23

続きを読むread more

新平湯温泉/奥飛騨百姓座敷の宿 藤屋(岐阜県高山市奧飛騨温泉郷)

平湯から新穂高方面に向かう、クマ牧場を過ぎたあたりから温泉旅館が並ぶ新平湯温泉街、藤屋は国道沿いの和風旅館、立ち寄り湯 500円、 内湯は総檜造りで大きな浴槽には豊富な源泉が注がれている、宿の規模から見ても広い浴槽は歴史を感じる 89℃のナトリウム-炭酸水素塩温泉の源泉と36℃の単純温泉の2本の自家源泉をブレンドし適温に …
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

毒沢鉱泉 神乃湯(長野県諏訪郡下諏訪町)

和田峠に向かう国道142号からそれ、諏訪湖の見える高台に住宅が広がる、さらに通り抜け山の沢に数分登って行く、ころがりそうな急坂の先におしゃれな御宿 立ち寄り湯 700円、(入浴可能時間は要注意PM3:00までの場合もあるようだ) 内湯のみで、浴室には2個の浴槽、加熱した浴槽は赤く濁りよく温まる もう一つ冷泉が注がれた…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

松之山温泉/ひなの宿 ちとせ(新潟県十日町市松之山)

松之山温泉の温泉街の中ほどの旅館、立ち寄り湯 館内はロビーから廊下も 畳敷きで高級和風感 正面に裏の池が見え、鯉がおよいでいる 内湯、カルシウム・ナトリウム塩化物泉、源泉85℃、PH7.5 熱い源泉が少しずつ注がれている、側らに「湯もみ板」があり、上面が熱い場合はそれでかき混ぜるとのこと ガラス窓越に石積みに露天…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

吾妻峡温泉/天狗の湯(群馬県吾妻郡東吾妻町)

公共の日帰り入浴施設、400円(3時間)、別な場所にあった八ツ場(やんば)ダム関連の「旧:天狗の湯」が、2010年4月に日帰り温泉施設として新しくオープンした、 第2火曜日定休、 広い広い駐車場と新しくりっぱな建物、水源地域対策の資金提供を受け建設されたとのこと 休憩室ではお茶のサービスはあるが食堂はない 内湯、無色透明の…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

上諏訪温泉/片倉館(長野県諏訪市) 5

昨年の年末から9か月ぶりの訪湯、  片倉館は毎回ブログ記事にしている、新しい内容がないので今回は建物ウオッチング ”昭和3年に建設・・国の重要文化財” 2階からベランダに出てみた、 目の前に諏訪湖 中の造りも重厚、階段の柱のデザインも変わっている 浴室 深さ1.1mで立って入浴する、 水中 底…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

尻焼温泉/川の湯(群馬県中之条町)

「川の湯」と言うより「川が湯」 はしご湯をするつもりはなかったが、これを見て入らないでは帰れない 川底から、ぷつぷつと温泉が湧いている、このところ川の水が少ないので、どこも熱目、正に尻焼きだ 先客に声を掛け適温の場所を教えてもらい入浴 石が滑るので注意、自分に合った温度を見つけて浸かる 気持ちいい~最高 川底 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

安曇野の源泉浴槽とギャラリー巡り

「安曇野(あずみの)」の言葉の響きがなんとも良い、ブランドになりつつある 本年10月から高速インターの名称が豊科から”安曇野”に変わる 残暑厳しい、半年ぶりにすずむし荘に入湯、 いつもパスしていた源泉浴槽は25℃ ”年寄りの冷や水” 静かに浸かる 注意書きが「大変低いので・・注意!」 露天風呂の庭には栃の木 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

大塚温泉/金井旅館(群馬県吾妻郡中之条町)

温泉ファンの間でよく話題になる「大塚温泉」、もちろん存在は知ってはいたが、なにせ ”ぬるい”が有名な温泉なので敬遠していた、行くなら今日みたいに暑い日にと決断 場所は近くの国道に案内看板は出ているのですぐわかった が、ここなのか、看板がない・   あった! 受付は どこだろう  あった! カレンダーの裏にマジックで書いた「…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more