中棚荘(長野県小諸市)

≪2014/09/24≫2
明治の詩人、小説家「島崎藤村」が足しげく通った一軒宿
”小諸なる古城のほとり・・” その小諸城跡は懐古園となっていて旅館のすぐ近く

下の駐車場から門をくぐって玄関に向かう・・(再放送の水戸黄門の見過ぎか西山荘に見える)
画像

途中にヤギやウサギがいる雑木林の坂を上って行くと玄関前に出る
画像

立ち寄り入浴は11時30分からなので しばらく待たせてもらった
画像

受付を済ませ浴室に向かう石段を上る
画像

浴室の脱衣場は畳ですぐ横が浴槽
ガラスもない一体の浴室
画像

画像

泉質は弱アルカリ性低張性温泉、40℃、昔は鉱泉だったが昭和63年に掘削した新しい源泉だそうだ
画像

その先の外の露天風呂、上からの竹筒から源泉が落ちていた
画像


「まだあげ初めし前髪のりんごのもとに見えしとき・・・」と
島崎藤村の「初恋」にちなんで秋から冬は「初恋りんご風呂」になり
湯船にはりんごが浮かぶそうです





真田氏本城跡(上田市真田町)真田山城
2016年のNHK大河ドラマ「真田丸」が決まってゆかりの地が話題になるだろうと
その前に真田氏の原点なのか山城に初めて行ってみた

真田町から烏帽子岳の麓
別名: 松尾城、真田城、住蓮寺城などと言われていたそうです
真田幸村のおじいちゃん幸隆の築城らしいとのことだが不明な点が多いようです
画像

駐車場のある南側から数十メートル登って行くと土塁のような盛り土
画像

土手を登ると北斜面に3段の平らな場所
ここに城があったようだがあまり広い場所ではなかった
北側の急斜面の直下に学校の校庭が見えた
真田町の本原集落 その先に砥石城跡がある山も望める
画像

なにもない静かな古城跡の道に一輪だけのナデシコが風にゆれていた
画像


"中棚荘(長野県小諸市)" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス[必須入力]
ホームページアドレス
コメント[必須入力]
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。