大岡温泉(長野市大岡)旧:大岡村 [3]

犀川沿いに走る国道19号から逸れて上って行く
旧「大岡村」、人口約1500人、丘陵性の山々に囲まれ,村名の「岡」に由来する。
海抜は450mから900mと高く、急な傾斜地に点々と集落がありその里山の細い道を上がって行く

大岡温泉は数年前に民営に変わったこじんまりとした日帰り温泉施設、持込自由の休憩室もある、350円(火曜休)
ここはなんといっても内湯に浸かったままで見える最高の景色
棚田と農家の屋根、そして北アルプスの山々が自分の目線と同じ高さで見える。・・紅葉の向うの冠雪した山々を見たくて訪れたが・・・・・しかし今日は霧の中   
画像

内湯から自慢の景色も霧の中・・残念
画像

湯はメタホウ、メタケイ酸系の温泉で、20.8℃、循環加熱している、透き薄い茶緑色でPH8位の軟らかい肌触り
露天風呂もある
画像

アルプスは霧の中だが、しっとりした晩秋の里山と農村集落を見ながら湯に浸かる
   ↓景色A左側に景色Bを右側に付けたつもりでご覧下さい
画像

   ↓景色B
画像

もし 晴れていたら ↓ (4年前の12月初めの写真です)紅葉の先にこの景色が見えたのに
画像

休憩室で休んでいたら窓の外は雨から雪に変わった



・・・・・・・・国道19号をドライブ散歩・・・・・・
信州の「おやき」
笹おやき 岡村  (長野市七二会)国号19号沿い
画像

普通の民家のような店舗の戸を開けるとおばあちゃんが
画像
 「なす」と「あんこ」をいただいた、各100円
昔から地元に伝わる笹を巻いて蒸かすタイプのおやき。秋なすのおやきは味噌味で、故郷のおふくろを思い浮かべた
画像


久米路峡くめじ(長野市信州新町)国号19号沿い
画像

燃えるような紅葉
画像

犀川に掛る久米路橋
画像


この橋にまつわる悲しい伝説 悲話「きじも鳴かずば・・」
   この村の貧しい百姓の娘が病気になり、「あずきまんま(赤飯)が食いてえ」と、年貢をしぼり取られ米も小豆もない父親は明日をも知れね娘のために地主の蔵から盗み出す、
元気になった娘は近所の子どもに「おら、うまいあずきまんま食ってるぞ」と誇らしげに話してしまう、
これが証拠で父親は捕えられこの橋の人柱となってしまった
娘は放心して口をきかなくなってしまった ・・・ 
 拡大↓
画像



"大岡温泉(長野市大岡)旧:大岡村 [3]" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス[必須入力]
ホームページアドレス
コメント[必須入力]
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。