白馬八方温泉/みみずくの湯(長野県北安曇郡白馬村)

八方温泉の共同浴場、4ヶ所の一つ、500円、無休、一休み処はあるが、休憩室や食堂はない
画像

前に来た時、浴室に大きな石が印象的だった
画像

源泉は、白馬八方尾根の蛇紋岩地層より湧出している高アルカリのアルカリ性単純温泉、PH8.5以上、源泉52℃
浴槽温度は適温でツルツル系のしっかりした肌触りの良い温泉が、完全かけ流しで浴槽の脇から捨てられている
画像

9年前は無かった露天風呂
画像

内湯からも眺望が良かったが露天に浸かりながら残雪の白馬の山々はまぶしい
画像

今日は台風の雲がまだ残っていて、全開の眺望ではないが、これぞ「さわやか信州・・・」だ
画像


少し先からは、”長野オリンピックの時、あの感動の原田選手の涙 ” の舞台になった ジャンプ台が見える
画像



白馬駅周辺や八方のスキー場から離れ、姫川を渡り、JR大糸線を横切る
画像

谷間の細い道を数キロ登って行くと山村集落が・・・・青鬼集落(あおに)がひっそりたたずんでいる
14戸の茅葺屋根(現在は鉄板被せ)の民家が並ぶ・・伝統的建造物保存地区
江戸時代の建てられた民家もあるそうです
画像

この山の先に 鬼の居ない里「鬼無里村」があるが、青鬼地区には善い鬼の伝説が残っていて、善鬼を祀った青鬼神社の創始は1200年前と伝えられている、集落の歴史はかなり古いようです


村の上には白馬連邦を望む棚田があるとのことなので、またこんどゆっくり訪れたいと思います
   



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日は信州新町の道の駅にある手打ち蕎麦「そば信」でいつものてんぷらそば、をいただいたが、
めずらしいのは、今が旬ハチクのタケノコと野沢菜のてんぷらにはおどろき
画像

そこの売店で 見つけた信州産のタレ、この販売努力に心打たれました
画像


"白馬八方温泉/みみずくの湯(長野県北安曇郡白馬村)" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス[必須入力]
ホームページアドレス
コメント[必須入力]
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。