山道温泉/虫歌の湯(長野市松代)4

公式HPによると「2013年6月より、しばらくの間、休業」とのこと

今年2月にも来た、松代の日帰り温泉施設、前回記事≪2012.02.29
今時期、農繁期でどこの日帰り施設はすいている、前回の混み具合はうそのよう、巨大露天風呂も貸し切り状態でどこに入ったらよいか迷う
画像

今回はクリアに動画撮り直しました(今回の男湯)

今日は長野市街も良く見える もう一つの「見晴らし露天風呂」・・温めの設定で寝湯状態できる
画像

内湯も、いつも湯気でむんむんしていたが今日はクリアー
画像

虫歌の湯は 皆神山の直ぐ下  (急斜面の山肌が皆神山)
画像

このラクダの背の様な山の形、古墳かピラミッドか
画像


皆神山の地下と他の2つの松代の里山は、戦争末期に本土決戦に備えて東京から政府・軍・皇居を「疎開」させるため、極秘で10kmもの地下壕を掘った所です
終戦になったが、もしこの地下に大本営が来ていたなら、日本人一人になるまで戦争は終わらなかったのだろうか、

終戦後すぐ気象庁の地震観測室になり、その地下壕を利用して大規模な精密地震観測機を設置、今も観測中

なんと昭和40年頃から約1年間、発生した松代群発地震の震源地は、東洋一のひずみ地震計が設置された、この皆神山(不思議な事実だ) 有感地震は、6万回を越え、1日当たりの有感回数の最大は585回、だったそうだ・・・ 子供の頃、数十キロ離れていたが覚えている




 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
皆神山は車で10分ほどで登れる、山頂は神社とゴルフのショートコースになっていて、昔はよく来たが今は営業しているのか?
画像

広場にあった、大きな案内看板(三分割で撮影↓)  ・・興味ある方は、画面ポチ拡大してご覧ください   よく解らないので(1)~(3)はスルーしてもいいかも

(1)「世界最大で最古のピラミッド」
重力制御により空中移動して造った、 ‥(この先、内容に付いて行けるか心配
山のねじれ摩擦で電磁波が発生し物体が離着陸すると古文書に・・・
画像

(2)「謎の皆神山ピラミッド物語」
エジプト、インダス文明より古い、皆神山を造った人間は、高い知的能力の科学技術者スサノオノミコト、・・・・・・(ますます、わからなくなってきました)
何のための、宇宙空間への基地?
画像

(3)「皆神山ピラミッドの祭神は‥」 
宇宙船が飛ぶ高天ガ原‥だそうです   (これ以上読むと よけい解らなくなるので‥)
画像

ほんとはどうなの、ワシにも解りそうな案内板↓≪標高679m、周囲8Km、35万年前にできた・・・
画像

境内に また解らない石碑が・・・・
画像
 
 もやもやは、消えない  上空から見てどう思いますか  ↓








"山道温泉/虫歌の湯(長野市松代)4" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス[必須入力]
ホームページアドレス
コメント[必須入力]
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。