武石立岩・「和紙の里」そば祭り

長野県上田市となった旧武石村「和紙の里」建物の前でこの時期開催するそば祭り
毎年のお楽しみは、ダッタン蕎麦の屋台
画像

お隣の長和町で苦くないダッタン蕎麦の栽培が最近話題になっている、まだ町での本格提供はあと2年先らしいが、
祭りの2日間限りで少なめだが300円でダッタンの生蕎麦が試食できた

画像
普通の蕎麦と比較して、ルチン含有量がなんと約100倍で非常に多い。
このダッタン蕎麦は独特の苦みのためにニガソバとも呼ばれているが、今日のは全く苦味は感じない
見た目はかなり黄色い麺で、しっとり感があり舌触りもよい、非常においしくいただいた
 昨年は一つ持ち帰ったが家で食べようと思ったら このルチンのせいか麺がくっ付いてひと固まりになっていた
それでもおいし味だった

これから あちこちでそば祭りがあり、楽しみな季節だ

"武石立岩・「和紙の里」そば祭り" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス[必須入力]
ホームページアドレス
コメント[必須入力]
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。