天恵泉/桃源白根天笑閣(山梨県南アルプス市)2

≪2015/11/25≫
芦安温泉へ向かう途中の道沿いの日帰り温泉施設
入浴のみ600円(温泉博士)、休憩は別料金、75才以上の市民は250円なので近くの年配客が多かった
(月曜休館)
画像

道を挟んだ御勅使川の河原
画像


“木曽さわら材”を使った浴槽が大小2個
大きい方は加熱だが小さい浴槽には29℃の源泉が直接注がれ温く25~6度に感じた
これを交互に入るのをお勧めしていました
画像

泉質はアルカリ性単純温泉、源泉29..3℃ 、PH10.4
「日本有数の高アルカリ温泉」第2位のアルカリ度とのことだが、それほどの浴感はなかった
画像

敷地内に温泉販売機があり
40円分のコイン1枚で、18リットルの温泉を販売しているそうです。家庭でも温泉が楽しめます
画像

行は白樺湖の大門峠、帰りは清里高原経由の下道のみの湯旅でした
その峠も翌日は積雪があったそうです

     =========================



妻は朝食と昼食を兼ねた10時頃が食事タイム
田舎ではその時間から営業しいる食堂は少ない
早くから営業しているSA、PAは便利だ

【ぷらっとパーク】

”ぷらっとパーク”とは

サービスエリア・パーキングエリアの休憩施設の利用促進を図るために業務用出入口(元来は従業員の通勤やエリア内で販売される物資の搬入などにのみ用いられていたもの)を一般者向けに開放したものであり、一般道から高速道路の休憩施設を利用出来るように設置している
中日本高速道路(NEXCO中日本)の呼び名で
NEXCO西日本管内ではウェルカムゲートとして特に名称はなく「お客様入口」と案内されている。

近くで高速道のSA、PAはあまり利用する機会がない
地元の方にも利用してほしいとのことのよう


例えば諏訪SA(下り)
そこまでの道路案内はなく、ナビでSAに通じる細い道を検索して
住宅街の交差点を探し狭い道を上がって行く

従業員の車が並ぶ中
SAの裏口に一番近い場所に車2台分のスペースが確保されている

画像


元が従業員用の出入口である観点から場所によっては駐車が困難な施設もある
画像

施設の入る階段には「ぷらっとパーク」の案内板
画像

鉄の扉を開けると明るい館内に入る
画像

最近のSA・PAは単なる休憩の場所というだけでなくグルメや
買い物といったショッピングモールやテーマパーク的な意味合いが強い
ものも多くなってきましたね。



画像

諏訪湖を見ながら信州そばとあったかいトン汁
こんな思いができるのもSAならでは
画像

画像




他にも中央道のいくつかのPAにも行ってみました
中央道原PA
駐車スペースは一台で
平日のせいか周知されていないのか、いつも止められました
画像
画像

こちらの食事コーナーは築地市場仲卸し直営で
PAながら新鮮な魚が提供されています
画像

ミニ海鮮丼と蕎麦のセット(700円)
画像


「ぷらっとパーク」を知ってから便利に使っています

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 22

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

sattoru
2015年12月07日 01:50
源泉水風呂には親しみのある自分です(笑)、結構PHの高い湯ですね。自分の感覚的にはPH9前後くらいの湯がぬめりの浴感が高い湯が多い気がいたします。その他の要因もあるのでしょうね。温泉スタンドを見ていつも思うのですが100リットルくらい入る大きめのポリタンクで普通の車の後部座席くらいにおさまる感じの形状のものがあればなぁと思います。(難しいかも)。ぷらっとパークは当地ではご説明のとおりウェルカムゲートと呼ばれていて一回だけ使用したことがあります。高速のSAに行くと近場にいながらなんか旅行した感が高まっていいものだなと感じました(笑)。地元の名産品や土産などが買えてわりといいですよね、自分が利用したところは駐車場が狭くほとんど駐車できない感じだったのが残念でした。
2015年12月07日 23:19
sattoruさんへ
サンフレッチェおめでとうございました、広島の皆さんお喜びのこととおもいます。当地ヤマガは残念ですが来年はまた再挑戦の年になったようですね。
源泉水風呂があるとsattoruさんなら難なく入るだろうなあって思い浮かびます、その時実は地元の常連さんがプラスチックの腰掛を加熱湯に持ってきたので??何をするのかと思ったら腰掛をひっくり返してバケツのように源泉浴槽に2~3杯・・・「ほんとはいけないんだがね、冬は仕方ないよ・」っと言いながら。ですから今回は気持ちの良い温さでしたよ(笑)。前に源泉自慢の温泉で社長に褒めたら「飲泉に持ってけ」と厚手のビニール製のタンクに源泉を入れて3個もトランクに詰めてくれました、それが途中でキャップが飛んでしまいトランクが床上浸水状態で結局ワシの車が全部飲泉してしまいました(笑)。そうですね普段はしぼんで後部座席のシートカバーでキャップから源泉を入れると膨らむ・・ってのはどうでしょう(笑)
ONKEN21
2015年12月09日 00:36
幸村さんも天笑閣へ行かれたのですね。源泉水風呂への加熱湯からの移し湯は禁止との貼り紙もあったような(笑)
私も源泉水風呂を長湯しました。温泉スタンドは私もポリタンで汲みますが、トランクの飲泉はよくあります(^^;4本中一本が口の大きいものなので、それがこぼれてしまうのです(^^;
それにしても山梨は温泉スタンドの多さでは東日本一は間違いないでしょう。
それに次ぐのが岐阜、その後に群馬・長野・栃木あたりが来るでしょうか。
これが東北とか新潟・北陸など日本海側に行くと積雪で機械が痛むのか、ほとんどなくなってしまうのですよね。
ONKEN21
2015年12月09日 00:40
あとNEXCO中日本は「ぷらっとパーク」というのですか?
NEXCO東日本でも埼玉の方でも外部からの「お客様専用駐車場」がどのSAPAにもありますね。多分、NEXCO西日本も含む旧JH(道路公団)すべての高速道路で外部利用を促しているのだと思われます。
2015年12月09日 23:21
ONKEN21さんへ
6年ほど前に芦安温泉に行ったが3か所共冬期休業中だったので引き返して途中のこの天笑閣に入ったのですが受付で思わず「高いね」って言ってしまったのを覚えています、山梨県の公営の温泉施設は市内者と市外者の差が大きいと感じます。
トランクが飲泉した湯はONKEN21さんが教えてくれた「猫鼻の湯」です、社長の本業は和尚さんに源泉を褒めたらビニール袋にキャップの付いたタンクに湯を詰めてくれました、しばらく大変でした(笑)。温泉スタンドそうですかそういえば山梨の笛吹の湯にも駐車場の横に200L100円でありましたね。
近くでもまだ行ってないPA(梓川)があるので今度行ってみたいと計画しているところです