姫川温泉/朝日荘(長野県北安曇郡小谷村) 2

≪2015/10/14≫
長野県だが新潟県を通らないと行けな姫川温泉
「姫」とはやさしい名前の川だが度々の氾濫で暴れ川の異名がつくほど
姫川沿いにあった姫川温泉だが、平成7年の大雨による土石流と洪水により大きな被害を受けた
・・昭和の頃、国道の峠を下りてきたら川沿いに何軒かの旅館があったのを覚えているがそこがどこだったか今ではわからなかった

画像

湯宿だが立ち寄り湯600円 (今回は温泉博士利用)
画像

前回は露天風呂に入らなくて後悔したので
今日は露天風呂から入れてもらった
本館からサンダルで別建物の外階段を上がる
画像


屋上に男女別に塀で囲まれているだけの露天風呂
画像

画像

硫黄の香り漂ういい湯だ
源泉が注がれていて浸かるとかけ流しの湯が溢れる、開放感バツグンの最高の気分
画像

眼下に河原が見える、今日の姫川は名のとうり澄んだ清流が流れヤマメが釣れそうだ
画像

ゴ~っとディーゼルエンジンの音が聞こえた、姫川に掛るカーブした橋を電車が登って行く
画像

画像


本館に戻り
入口のフロアーから3階分位の階段を下って行く
山の崖斜面を利用した建物なのでしょう脱衣場にも岩が飛び出している
画像

混浴風呂で左右の男女別の脱衣場から浴室に出る
天井が高く露天に屋根をかけたような内湯
画像


含硫黄-ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉(硫化水素型)
64.5℃ pH6.3

画像

高い天井から源泉がパイプで注がれ大きな浴槽 広すぎてどこに入っていいのか、落ち着かない
画像

女性脱衣場から入ると石の蔭に 細長いスペースがある女性にはいい
画像

湯の花が漂う、いい湯でした
画像


姫川はヒスイが有名、 フロントのケースにヒスイのアクセサリーが陳列されていた
画像


宿の向かいの崖に滝 源泉垂れ流し
上に設置された源泉の貯湯槽から溢れた温泉が滝となって流れ落ちている・・もったいない
画像



    =================

小谷名産館(おたり)
画像

いつもの場所、いつもの蕎麦とそばおやき
画像



帰路は温泉もある小谷の道の駅で休憩
画像

紅葉の白馬から鬼無里に山間ドライブ
画像

秋の一日でした

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 21

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2015年10月22日 16:51
姫川温泉は未だ入った事がありませんが、露天風呂から対岸に鉄筋コンクリートの発電所が見えるので場所は分かりました、電気化学工業の発電所ですね。
あそこが長野県でとは知りませんでした、またまた昔の話ですが、糸魚川方面から国道を進んで、トンネルの前の信号からから左に入る道です、その道が旧道になりますが、その先がくねくねと曲がった観音様の像があるところだと思います。
水害の前にもそこに有ったのですかね、かまえて来ないと余り浴客がこないでしょうね、静かで良い湯のようですね。
屋上の露天は見晴らしが良くていいでしょうね、帰りの道の駅小谷の湯は山の帰りに入った事があります。
2015年10月23日 08:37
go さんへ
そうです、その発電所の場所は糸魚川市で姫川が堺で橋を渡ったこの辺だけが小谷村だそうです。今はトンネルができていますが前は峠の途中に大仏さんが見えましたね(女性の露天風呂から見えた)、峠を降りたところの温泉旅館が被害にあったそうです。小谷の道の駅はお客さんが多かったです、あの辺はなにも他にないですからね、温泉の入ると食事も割引になるようでした
sattoru
2015年10月24日 02:21
昭和の雰囲気漂ういい温泉施設ですね!待合の椅子がいい感じです。展望露天風呂からはローカル線を眺めることができるのですね。当地では過疎ローカル路線のJR三江(さんこう)線がとうとう廃止に向けて動き出したニュースが駆け巡りなんとも寂しく感じているところです。川の近くに名湯あり、はなんとなく自分の中の定説となっています(笑)。湯の花まうちょっと広く遊び心くすぐられる内湯もいいですね!ジャングル風呂を想起します。豪快な湯滝は、「あ~もったいない」ですね(笑)。
2015年10月24日 22:55
sattoruさんへ
昭和の湯宿の雰囲気はいいですよね、露天風呂から鉄道が見られるのもいいです、たぶん列車本数があまりないだろうとスマホで大糸線の時刻表を見ていたらゴオ~っと大きな音がして列車が・・・浴槽に飛び込みました、ラッキーでした、列車の乗客が見える距離でした、さすがに裸で手を振る勇気はなかったですが(笑)。JR三江線が廃線ですかJRなのに?当地の私鉄「別所線」も何とか頑張ってもらいたいと思っています、唯一残っている私鉄で別所温泉の客を運んでもらっています。温泉場は川が流れ旅館が谷間の山肌についているところが多いですね、当地別所温泉もそうですが銀山や東北の名湯もいっぱいありますね。ここはいい湯でしたよ、濁り湯ではないですが含硫黄にしてはやさしい湯触りでsattoruさんも気に入る泉質かも、余って捨てていましたので送りましょうか(笑)
2015年10月25日 21:11
幸村さん、私のブログ「国道304号線、細尾峠(人喰い谷)~袴腰林道」にコメントを頂きありがとうございます、私の操作ミスで幸村さんのコメントを消してしまったようです、復旧できないか調べていますので、しばらくお待ちください。
2015年10月25日 21:40
go さんへ
そんなに重要なコメントではなかったのでかまわないですよ。コメントのメール転送通知の時に削除したコメントは「編集」の「保留コメント一覧」に入っていますが「コメント一覧」で削除したメールは復帰しません。
グーグルマップで番地までの住所で検索して右下の人形マークを地図の道路上にドラックすると(ストリートビュー)goさん宅の立派な植木が見られる話でした、知っておられるかと思って・・・植木の手入れが大変ですね