通い湯治

・・・・・・・・・・・五十肩・・・・・・・・・・・
今年の春頃から片腕が痛くて上がらない、
初めての事でないので半年放っておいたら最近、夜中に痛くて眠れない事も・・・
整形外科に行った いわゆる五十肩とのこと(50とは若返ったのか)
  ・モーラステープ(貼り薬)  ・トラマール(痛み緩和飲み薬) 処方された
・・・・それから2週間たっても効果ない、薬のせいか食欲も落ちた



そこで 【温泉湯治】  なじみの温泉だがこの記事ではK温泉としておきます

    本当に湯治で治るのか?    

自分で試せる良い機会だと思って
車でK温泉まで片道36km約1時間通うことに
湯に浸かるのは1時間、上がって20分ほどベンチで休んでから帰ります
8時に出発して昼前には帰宅でき午後は日常の生活ができます




画像

画像

料金は1浴400円、本館受付で奥にいる社長に挨拶して、この箱に入れる
箱には初めから五百円玉と百円玉が一個ずつ入れてあり
釣り銭の場合は自分でそれをもらう
画像

内湯 濃い塩化物泉なので石鹸は泡立たない・体を洗っている客を見たことがない
むろんワシも石鹸は持っていかない
画像

全体的に「美しさはない・・」 湯はいいが見た目はきれいではない

縁が浴中のステップ段よりせり出しているので入るのも上がるのも注意
画像

源泉注ぎ口に下がっているコップ。飲泉もできるが苦塩っぱで飲み込めないほど
画像

内湯で服を脱ぎ、露天風呂には貴重品以外、衣服持ち込み禁止、
したがって露天風呂まで裸で歩く ちょっと恥ずかしい花道

露天 温め37~8℃に1時間浸かる
源泉は1号泉 松代群発地震の時に温度が上がったそうです
自噴を直接入れているので二酸化炭素も出ているので風の強い日は少し離れています
画像

画像


こちらは3号源泉を一旦ここでガス抜き内湯と露天に分けている
間欠泉のように湯量の変化があるので槽緩和させている
画像


3号泉が内湯に注がれているが余った湯がホースで露天にも
右浴槽40℃位
画像


K温泉の内湯から露天風呂に向かう





本当に湯治で治るのか?

6月初めから
1週間目(6/08~)=2回
2週間目(6/15~)=4回  ・・・・痛いが腕が上がるようになってきた
3週間目(6/22~)=5回
4週間目(6/29~)=6回   ・・・・昼間は良いが夜中に痛い
5週間目(7/06~)=5回    温泉に通うことが日常的に感じるように
6週間目(7/13~)=5回   ・・・・湯上りは特に調子よい
7週間目(7/20~)=6回
8週間目(7/27~)=5回
9週間目(8/03~)=5回   ・・・・腕は上がりだいぶ良いが夜中まだ痛い
10週間目(8/10~)=4回  行かないと生活が乱れたような気がするようになってきた
11週間目(8/17~)=5回   ・・・・少しずつ治っている実感
12週間目(8/24=)=4回
13週間目(8/31~)=3回   もう完全に常連さんと認められるようになった
14週間目(9/07~)=2回   ・・・・眠れるようになってきた
15週間目(9/14~)=1回   ・・・・夜中の痛みも減ってきて睡眠時間が取れるように
16週間目(9/21~)=2回   ・・・・肩に違和感があるが、問題ない

 合計64回

余計な計算
走行距離=片道36km(往復72km)   合計4608km・・・・北海道札幌と九州鹿児島間を下道で往復したことに
入浴料=400円×64回   回数券割引-1800円 23800円

結論:4か月もすれば自然治癒だったかも・・
    しかし5週目位から楽になったのは事実
    温泉で治った  としましょう(温泉ファンとしては)
  
  タオルはもちろん、足の爪が湯の色になってしまいました

桶に成分の付着
画像

おなじみの「ケロリン」の黄色い桶が・・・
画像





ナトリウムー塩化物温泉 あるある 
 ●湯から上がって肌にくっ付いて下着がきにくい 
 ●ゴミ箱に湿布薬が捨ててある 関節や筋肉が痛い人が多い
 ●タオルの色で地元かわかる




画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 30

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2015年10月10日 13:06
こんにちは。
自分は今のところ大丈夫ですが、悩んでいる方は4ヶ月どころじゃないので効果は充分あったのではないでしょうか!見るからに効能ありそうな色ですし(笑)。同じお金と時間を書けるなら病院よりも温泉のほうが何倍も健康的ですし
2015年10月10日 14:49
五十肩とは若返ったものですね(笑)、塩化物泉で飲んでも苦塩っぱい程塩分が強いのですね。
その温泉が患部を温める事によって治癒してゆくのだと思います、筋肉や関節が痛みのには冷やさない事が一番良いようです、捻挫とかで急性の物は冷やしますが、慢性の物は温めた方が良いみたいです。
昔の人は塩を炒って布袋に入れて患部を温めているのを見た事があります。
痛みが改善されたのは間違いなく温泉効果だと思いますよ、これから寒くなるので冷やさないようにしてください、おだいじに。
2015年10月10日 21:48
 achisi さんへ
そう思います、病院は混んでいて1時間位い待たされました、この温泉は県外からネットを見たり噂を聞いて温泉好きな方が毎回のようにおいでになっていました、ぬる湯に浸かって皆さんと温泉談議で1時間はあっという間でした、肩もそうですが心も癒されました。楽しい湯治でした
2015年10月10日 22:27
 go さんへ
この温泉の濃厚な成分の塩化物温泉はこうした筋肉とか神経の痛みに効くと言われていますが実際はどうなのか、今回実感しました、即効性はないですが体を温める塩の温泉は血行を良くして自然治癒力を高めるのだと思います。
さっきテレビ東京で「秘湯ベスト10」が放送されていてgo さんが紹介していた「祖母谷温泉」がベスト10に入っていました、録画しましたのでまたゆっくり視ます。
話は違いますが先日ノーベル賞をとられた大村智博士が地元のために山梨に造った温泉施設がテレビで紹介されていますが明日もワシのブログの写真を使いたいそうです・・
http://yukimura.at.webry.info/200903/article_5.html
sattoru
2015年10月11日 02:20
これは温泉の効果の詳細を具体的にまとめられた価値ある論文ですね!!湿布が多く捨てられている…、これは思わず納得です(笑)。幸村さんが五十肩について記されているのを拝見して、中国地方ならどこがいいのか考えているんですが(遠すぎる(笑))、ちょっと熱めでは、島根の温泉津元湯か鳥取三朝の株湯、ぬるめでは山口の柚木慈生温泉か島根の小屋原温泉がいいのではなどと勝手に思っております(笑)。ご紹介の温泉、素晴らしいですね。
2015年10月11日 09:46
なろほど、かなり通われましたね

4か月もすれば自然治癒だったかもとありますが、いえいえ温泉の効果によるものがきっと大きいと思います!
温泉って、気持ち良いだけでなく不思議な効能があると思っています
肌荒れが酷かったのが温泉でかなり良くなった事を実感しましたし、どこの温泉でしたかね?失念しちゃったんですが入浴後に杖を忘れて帰るお年寄りが多い温泉なんてのもありますしね!
自然の神秘と言うか恵みと言うか、これだから温泉はやめられませんよね
2015年10月11日 21:05
録画しておいた某旅情報番組を見ていたら、こちらの温泉が紹介されていました
温泉を通す配管の中が、まるで化石のようになっていてビックリしました
化石のようになったケロリンの桶も紹介されていました(笑)
2015年10月11日 21:47
 sattoruさんへ
ワシの知ってる山陰の温泉なら三瓶はゆっくりぬる湯に浸かって浮力も加わり腰痛などに良いかも、また温泉津は何にでも効きそうな泉質ですね。検索で見ましたが柚木慈生温泉も・小屋原温泉は特に良い泉質に思いました、sattoruさんも前によく通われたようですね。「温泉あるある」を探したのですがこのK温泉はシャワーも上がり湯もないので水道で一応体を拭きます、それでも成分で服がくっ付いて着にくいです、下着が茶色のなって落ちないです
2015年10月11日 22:06
 ゆけむり さんへ
今まで一か月位はあるのですがこんなに通ったのは初めてです、温まる塩化物温泉で血行を良くして自らの治癒力が高まって悪い所が治るんだと信じています、 ゆけむり さんのおっしゃる通り、湯にのんびり浸かる精神的な不思議な効能もあるのだと思います。テレビで放映されたんですね、K温泉すぐわかりましたか。別に隠すわけではなく、ワシのこのブログでも何回も紹介しています、この温泉を観光で来られたお客さんは施設の光景にびっくりして引いてしまう方もいるようなので今回は湯治記事と行くことにしました。湯1㎏中13gと桁違いの成分はパイプが詰まってメンテも大変でしょうね
2015年11月08日 20:49
ご無沙汰しております。(山登りと温泉巡りに疲れ果てて、ブログはサボりまくっておりますが
ヨダレが垂れるようなK温泉ですね。苦塩っぱの強塩化物泉は五十肩だけでなく、私のデブ症にも効果がありそう
成分の付着がしてきれいでない(失礼)、このような本物の薬湯がなくなってしまわないことを願っています。
2015年11月08日 21:38
メロン さんへ
前にメロンさんの記事で紹介されていた青森にも成分の濃い温泉がありましたね、そうなんですよ ここはきれいではないです知らないで来られたお客さんもびっくり引いてしまいます、源泉に下がっているコップご覧ください、苦くて飲めないという以前にコップに口を付ける勇気が必要かと思います(笑)
ザ・キング・オブ・温泉「国見温泉」の記事を拝見しました、震災の年に行ってきました、確かに憧れ度キング級でした、青空の下の露天風呂あの緑の温泉は期待以上でした