松代温泉/松代荘(長野市松代)  と城下町散策

≪2015/08/12≫およそ2年ぶり  前回記事
(肩の痛みで松代の加賀井温泉にほぼ毎日通い湯治中で、この国民宿舎の松代荘もほぼ同じ泉質なので今日は気分を変えてここにきた )

画像

含鉄・ナトリウム・カルシウム・塩化物泉)、42.5℃の源泉かけ流し
残留成分14.4g/㎏の濃厚な温泉で、PH6.7、露天と浴室には内湯の他に半身浴の浅い源泉湯がある↓
今日はこちらで長湯
画像

無料の休憩室もある
画像

中庭
画像







     ========================

ここ松代は今は長野市だが松代藩真田十万石の城下町
初代、真田信之から明治維新まで10代250年にわたり藩を治め武家屋敷など現在も落ち着きのある城下町の風情が残っています、湯上り散策していて見つけた山寺常山邸(やまでらじょうざん)
画像



 山寺常山は儒者・鎌原桐山、維新の先覚者・佐久間象山とともに“松代三山”と呼ばれ、寺社奉行、郡奉行を務めました。
母屋は焼失してしまったが江戸時代終わりから明治初期にかけて建てられた表門と、昭和初期に建てられた書院を復元、自由に見学できる施設となっています。

 裏山(象山)を借景とした庭園には神田川の水を引き入れた池と、浄化の機能を経て下流の屋敷へと通じる水路が残され、城下町のすぐれた水路整備の一端を見ることができます。


画像

茶室もあり、正客になったつもりで正座して眺めると丸い窓から
池が見え池にのり出した楓の枝、鯉がおよぎ鳥の鳴き声が聞こえる
画像

画像




 松代から地蔵峠を越えると真田町===============
ゆきむら夢工房(上田市真田町)
観光案内所とそば打ちや味噌作りなどの体験施設、地元産の農産物直売所
画像

来年の大河ドラマに期待して地域が盛り上がってきています
画像

「真田家発祥の地」真田の里
数々の逸話を残し真田三代 ドラマ化されるのは「真田信繁」こと「幸村」が主人公・・
敵と味方になった兄弟、兄の「信之」は松代藩の初代となったが ドラマは松代藩まで登場するのでしょうか
楽しみです




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 31

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2015年08月19日 09:32
松代温泉は鉄分含有で鉄錆色の濃厚な温泉ですが、この手の温泉は身体が芯から温まって出た後のポカポカとして60肩や神経痛には有効なようですね。
松代は一昨年案内していただいて見物した事を思い出します、幕末の蘭学者で佐久間象山が学んだ先生が上田に居て、佐久間象山は太郎山を越えて上田に通ったと云う話を聞いたことが有ります。
来年の大河ドラマでその辺は活気づいている事でしょう。
2015年08月19日 21:45
go さんへ
肩の痛いのもなかなか治らないものです、肩ぐらいどうってことないので楽しみながら湯治にいってます昨日で48日です、今日はお墓まいりに行ってきました、ご先祖さんたちはお盆は留守だったようなので・・(笑)。温泉の出てくる旅番組が好きでそのために有線TVを入れてBCやテレビ東京も見ていますがNHKのBCプレは契約してないのでお知らせ画面が出ていて見られませんが祖母谷温泉は旅番組で見たことがあります、「佐久間象山」の話知りませんでした、他にも幕末に活躍した人が当地にもいたようです
sattoru
2015年08月20日 01:26
なんとも濃厚な湯ですね!湯治効果もかなり期待できそうです。そして、やはり畳敷きの休憩室があるのがポイントが高いですね。湯疲れした湯上りに少しでも座ったり横になったりして休むと効果が増大するといったようなことをどこかで読んだ気がします。素晴らしい和室です!外や自然との調和がとれていて、内と外が完全には区切られていない感じ、窓からの見え方など誇るべき建築様式だなと感じます。朝・夜や、光の具合なんかでもかなり印象が異なるのでしょうね。
2015年08月20日 22:14
sattoruさんへ
湯上りにこうした広間があるところはいつも横になって休んできます、周りのお客さんの話し声やテレビの音が逆にザワザワと心地よく10分ほど寝てしまいます。
この奉行の屋敷の書院は昭和初期に復元したそうですが、専門的なことは知らないですが茶室などの造りは改めて日本の文化は素晴らしいとワシも感じました、新建材の家に住んでいるので羨ましく思います。
sattoruさんもボランティアで行かれた広島の土砂災害から一年がたったんですね、被害にあわれた方がまだ辛い思いをされておられる様子が報道されています、かなしいことです
白色槍騎兵
2015年08月21日 15:04
御無沙汰しております。
実は私も先月から、左肩から左上腕にかけて激痛があり(MT車なので)車の運転にも難儀しております。
原因は夏バテによる血行不順だそうです。
そんな症状に温くて鉄分豊富な松代温泉は、まさにうってつけです。

「真田丸」ですが、タイトルからすると大坂夏の陣がクライマックスだと思います。
しかし、「真田太平記」が松代転封まででしたので何らかの形で松代は登場すると思いますよ。


2015年08月22日 08:36
白色槍騎兵さんへ
こんにちは、そうですか、医者に行っても治らないので温泉通いしています、時が経てば治るのかわかりませんが歳なので治りが遅い昨今です。地元では真田丸の期待が高まっています、真田家発祥の真田町や上田市でもイベント開催など毎日のように新聞記事に登場しています。電車も赤くしたり、甲子園で二回戦で敗退したが上田西の応援団も赤でした、聞けば群馬でも和歌山でも期待されているようですね