野沢温泉/中尾の湯(長野県野沢温泉村)

≪2015/05/07木≫765湯目
野沢温泉オフィシャルHPより
温泉街に点在している十三の外湯は、村の人たちの共有財産。
江戸時代から湯仲間という制度によって守られてきた外湯は天然温泉100%かけ流しです。
管理がきちんとなされ、温泉はいつも清潔。毎日使う村人達も、訪れたゲストの人たちも気持ちよく使えます。
各共同浴場には村人とゲストのあたたかなふれあいがあります。
ゆったり温泉に浸かって今日一日の出来事を語り合いましょう。


中尾の湯は
共同浴場の中で、一番大きい木造湯屋建築。
画像

画像

各外湯にはそれぞれ十二の神将を奉り、湯まもり仏として賽銭箱も設置されています。
利用料金は賽銭箱にお気持ちを・・とのことです
画像

十三湯の集印帳を当ててこするスタンプ台
画像

浴室内にある脱衣棚
画像

共同湯にしては広い浴室
画像

綿状の湯花が漂う湯があふれている
画像

源泉は麻釜(おがま)から90℃位の高温の湯を引湯しています。泉質は含石膏-食塩・硫黄泉
 「観光客のみなさんへ」とわざわざ説明がされている
画像

温度計が設置されていて、大小分かれた浴槽の上層と底の温度がわかる
画像

大きな浴槽には熱い源泉の他にホースからは温度の低い温泉らしい水?が常に注がれて温度調整されていた。
地元のおじいちゃんが一人入っていてお話させてもらった
おじいちゃんによるとホースの水は以前は少し温度があったが掘ったら下がったとのこと、
ワシにはちょっと熱めと感じた湯も熱い湯の好きな野沢温泉の方は「今日の湯はこれじゃ風邪ひいちゃうよ・・」っだって、

湯もみ板は冷ますための物かと思っていたら、「底がつながっていているから熱い浴槽をかき混ぜ温い側に送るんだ」とのこと
画像

おじいちゃんの話では若い者のグループがよじ登っていたとのことで壁を高くしたんだそうです
画像



帰りは車を止めさせてもらったお宅のご主人にお礼を言って帰りました。
   この場所がわからなくて、うろうろして探してしまい
    場所を訪ねた方が近くのペンションのご主人でした
    「すぐそこだけれど駐車場はないよ」・・
    戻って下に止めて来ようとしたら「うちの駐車場に止めていいよ」と親切なお言葉
よそから来たワシたちを自分たちの管理する共同湯にこころよく受け入れてくれる、村の人の親切が温泉以上に心が温まりました

画像



___________________________________



立夏が過ぎ桜も葉桜になったが北信濃は遅い春、今が菜の花の季節です
飯山市の千曲川
画像

画像

画像


北信濃に新しい名所がオープン、地元TV局が連日取材していたので行って見ました
「ファームズ木島平」おしゃれなポスターや看板
画像

建物は大手会社のトマト加工工場跡
画像

広い建物の中に農産物直売所や喫茶、レストランが配置してあります
画像

画像

画像


新幹線の新駅ができた飯山周辺は何かと注目されています

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 27

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

2015年05月10日 21:31
木島平にはなんどか泊まった事があります
ちょいと足を延ばして馬曲温泉に行ったり野沢温泉に行ったりしました
飯山の菜の花まつりも素敵だったです!
なんだかすごく懐かしいです・・・
2015年05月10日 21:56
 ゆけむり さんへ
そうでしたか木島平に宿泊されたことがあったのですか、ワシもこの飯山周辺では唯一、スキー場の下のパノラマランド木島平に兄と泊まったことがあります、馬曲温泉の露天風呂は有名ですね、野沢温泉もいいですし北信濃はこれからの季節は最高です、またぜひ信州においでください
2015年05月11日 18:51
野沢温泉の13の外湯は昔から地元の人たちで管理した守られているのですね、中尾の湯の脱衣場が浴室にあるんですね、珍しいです、これだと温泉で温まった後に汗が引けなくて何時までも支度を着る事が出来ないんじゃないですか?。
熱い湯とぬるい湯の浴槽が下で繋がっているんですか、昔何回か入った湯は男湯と女湯が下で繋がっている湯があった事を思い出しました。
新幹線で飯山の辺も新しくなって変った事でしょう、飯山といえば豪雪地帯というイメージを一新しているようですね。
2015年05月11日 21:54
go さんへ
さすが野沢温泉は外湯の共同湯が13個所あります。昔からの湯治場の外湯はこうした浴室に脱衣スペースがあるのは珍しくなくよくあります、作りも天井が気抜きになっているので蒸れません、また地元の方は寝る前にパジャマできたり宿泊者は浴衣なので気軽に使えまた防犯にもなります。そうそう銭湯で子供が潜って女湯を行き来していたように覚えています。新飯山駅の乗降客は予定の半分位だと言っていました、それに比べ金沢はすごく混んでいて兼六園も背中ですれ違っているほどの混みようだそうですね、TVも連日金沢の話題です、ひがし茶屋街も行って見たいです
sattoru
2015年05月11日 22:17
野沢温泉、本当に憧れの温泉の一つです。きれいに並べられた桶に共同湯の質を感じてしまいますね~。熱い湯に集われる方の「風邪ひいちゃうよ…」的な声、自分もよくお聞きします!活きた湯で満たされた温泉は日によって温度も違うでしょうから、毎日浸かられる方にはその違いが明白なのでしょうね。駐車場のいいお話、心が暖まりますね。幸村さんのお人柄の賜物でしょう。
2015年05月12日 09:23
sattoruさんへ
長野県北部にはsattoruさんにも気に入っていただけるような佇まいの共同湯が目白押しです、ここ野沢温泉だけでも毎週おいでになっても13週違う地区の地元湯に入れますよ、それに山歩きの山ならいくらでもありますよ、長野は山国ですからね(笑)・・近くの若者があとから入って来て新潟県の湯沢から働きに来ていてこうして無料で入れてありがたいと話していました。地元の方は子供のころからこの熱い湯に浸かっているので身体がその温度でないとダメなようですね、適温にするため水、低温温泉?が常に注がれているので熱い源泉でもすぐ浸かれるように工夫されていました。観光客も気持ち良く迎えてくれるwelcomeな思いが伝わったよい温泉でした。