甲斐駒ケ岳温泉/尾白の湯(山梨県北杜市白州)

≪2015/01/09≫761湯目
南アルプスの麓、名水を利用したウイスキー「白州」のサントリー工場がある白州、
道の駅白州から山に向かって数キロ上る、畑の先に建物が見えてきた
「白州、尾白の森名水公園 ”べるが” 」内の日帰り温泉施設、(夏休み中は公園の入場料も必要)
画像

850円、(温泉博士)
画像

内湯は強塩温泉のため加水、源泉1対し白州の水9、透明の湯
画像

露天風呂は男女それぞれ2個あり、源泉湯と名水湯、向こうの山は八ヶ岳
画像

源泉湯は赤く、40℃くらいの温めの設定、ナトリウム・塩化物強塩泉、源泉38℃加温循環あり
昨年ここまで来たら源泉湯が故障中だったので玄関で引き返したことがあったほど楽しみにしていた源泉湯
周囲は塀で囲まれているので残念ながら湯に浸かると近くの山しか見えない、
先客の2人の常連さんと温泉談義で長湯となった、せっかく来たのだから長湯ができて良かった
画像

もう一方の露天風呂は透明な湯(名水沸かし) (源泉湯で堪能したのでこちらには浸かりませんでした、)
画像

ロビーに飲泉、こちらも名水割り
画像






【諏訪大社 下社秋宮】(長野県下諏訪)帰路に参拝
諏訪大社4社の内の一つ
下諏宿は中山道六十九次で唯一温泉の宿場だったそうです、手水舎は温泉地下諏訪らしく温泉です、
画像

神楽殿
画像

本殿
画像

「秋宮一之御柱」、7年に1度、社殿の四隅にモミの大木を建て替える祭り
静かに立っている御柱だが・・・・下記YouTubeをご覧ください
諏訪地方の男たちの血が騒ぐ御柱祭は次回は来年(2016年4~5月)
画像

参拝終わった男性2人の「しめ縄」の会話に勝手に参加、
地区の神社のしめ縄作りの時、ヨリが反対だったのでやり直ししたそうです
正しいヨリは荒縄と反対で巻いてある斜めの部分が左上から右下
画像

 ♪「君が代」の歌詞にある「さざれ石」、出雲大社の境内にもありました
画像

石灰が溶けて小粒の石をくっ付けて大きな岩の塊となったもの、
やがて苔も生すほど長く、 永遠に・・・
画像


御柱祭YouTubeより 四宮の計18本を各地区ごとにくじ引きで担当する、(平成4年の下社木落とし)

見ているだけで思わず声が出てしまいました


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 26

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

sattoru
2015年01月11日 00:11
名水で割った内湯もいいですが、やはり濃厚な源泉湯にじっくり浸かりたいですね。真っ青な空に真っ赤なお湯、対照的で素晴らしい写真です!!海の近くの温泉で見かけるような色の感じが致します。御柱祭りは一生に一度でいいので生で拝見したいです。
2015年01月11日 09:12
sattoruさんへ
こちらの湯は山梨県の温泉フェアに人気の源泉のようです、ワシは今までタイミング悪く今回初めて浸かることができました、酸化した真っ赤な湯は、いかにも効能がありそうな色ですね、髭剃り跡がしみてかなり塩分が濃く感じました。
sattoruさんのブログで拝見した「湯抱温泉」や「小屋原温泉」の様な成分付着はなかったです、また常連さんの話では環境の点からの排湯処理、能力の関係で循環はしかたないそうです。
御柱はワシも生で見たことがないです、木落とし坂の上に行ってみたことがありますが覗き込んだだけで高さにゾクゾクしました
白色槍騎兵
2015年01月11日 10:51
こちらの施設は公園の入場料金が必要だと温泉博士に記載があり敬遠していましたが、それは夏休み期間中だけのようですね。
こんなに濃い茶褐色の湯は、松代温泉や毒沢温泉を彷彿させますね。
白州の名水浴槽も結構ですが、源泉浴槽で入浴し、名水は飲んだ方が良い気がします。
下諏訪が中山道唯一の温泉宿場とは意外でした。
軽井沢や望月の周辺に温泉がありますが、宿場ではありませんからね・・・
漠然と信濃路に温泉宿場があるイメージでしたが、下諏訪だけだとは驚きました。

2015年01月11日 14:40
幸村さんこんにちは、そちらのきれいな青空は本当に羨ましいですね、青空に白い峰が輝いてきれいです。
尾白の湯の内湯は強塩泉で1対9で薄めているようですが相当に塩分が強いようですね、露天風呂の茶色の風呂は温まりそうな湯ですが、湯から出た後もポカポカと暖かいでしょう。
諏訪の神社の近くの旅館に泊まった時にサザレ石を見てきたことが有ります、君が代の歌詞が書いてありました。
御柱の木落としはアブナッカシクテ見ていられません、あれでご利益が有るんでしょうかネ。
2015年01月11日 21:59
白色槍騎兵さんへ
夏休み中に行ったら公園の入口で入園料がいると聞いて断念し、ポンプ故障やらで今回4度目でやっと念願が叶いました。そうですね毒沢温泉のような色で付着物はなかったです。道の駅白州の水汲み場はいつもたくさんの人がいて名水人気ですね。中山道で温泉の宿場は他にもあると思っていました、望月の春日温泉はかなり山に入りますし軽井沢はないですね、たぶん街道沿いに小さい湯治場はあったのではないでしょうか、TV水戸黄門では碓井峠の霧積温泉が出てきました(笑)
2015年01月11日 22:17
go さんへ
新年初の温泉に行ってきました。冬型の気圧配置で雲一つない晴れでした、風が冷たい日でしたが温めの温泉にゆっくり浸かって温泉好きの地元常連さんと話の花が咲きました。君が代は学校で歌っていましたが意味は理解してなかったです。
御柱では亡くなられたり怪我される方がいつもいるようです、それでも祭りに命を懸けるのはすごいですね、信州人はおとなしいが勇気があるんですね
ONKEN21
2015年01月13日 13:30
幸村さんもついに尾白の湯に行かれたのですね。
私は2回行きましたね。1回目は夕方で公園入口の料金所に人がいなくて入園料は徴収されず、2回目のこの前は料金所すら撤去されてましたね、また春に復活するんでしょうか?
私も諏訪大社の初詣と尾白の湯で考えていましたが、まほら・尾白・八峰の温泉博士はしご湯に変更となりました(笑)
赤湯は塩気が強くて傷に染みました。
隣の名水露天風呂も塩気はありましたので、内湯と同じ湯でしょう。

ところで昨日は新潟湯めぐりの〆に小谷村の姫川温泉瘡の湯という、オープンしてちょうど一年の日帰り温泉に寄りました。
施設は長野県小谷村ですが、源泉は新潟県糸魚川市の松本砂防にあるみたいで、長野にある新潟の湯です。
幸村さんも一応、長野にある湯として行かれてますか?
お湯は猫鼻の湯に似ていて炭酸鉄ダシ味かな、完全掛け流しです。
入浴料600円、管理人も気さくでなかなか面白い施設だと思いますよ。
2015年01月13日 18:16
ONKEN21さんへ
尾白の湯、4度目にしてやっと念願が叶いました、料金場があったとき聞いたら夏休み中まで入園料がいるとのことでした。塩分が濃いようで顔のヒゲ剃り跡もしみました。ONKEN21さんは施設の廃湯など詳しいでしょうね、処理パワーの関係で循環は止む得ないと地元の方か言っていました。
姫川温泉瘡の湯、まったく知りませんでした、地図では「白馬荘」と近くですね、そういえば猫鼻の湯もONKEN21さんの情報でした、昨年10月も行ってきましたよ