木曽駒天神温泉/清雲荘(長野県木曽郡木曽町日義)3

≪2014/10/22≫
南木曽の土石流、そして噴火、今日の県内ニュースでは御嶽山の噴火から木曽地方の観光もダメージを受けているとのこと、旅館の予約も例年の70%程とのことでした。


国道から400m、木曽駒高原の入口
民間国民宿舎、今年建替えた新浴室 立寄り湯500(温泉博士)
昨年5月、火災で浴室が全焼してしまい、それから一年かけて新しい浴室が完成し営業再開した
画像

2階の客室の前を抜けて外に出ると池の上の渡り廊下
画像

ご主人はなかなかのアイディアの方のようで池に流れ込む水で水力発電して廊下の電気を作っているそうです
画像

さらにBBQハウスを抜けると、新しい浴室
画像

露天はなく今のところは内湯だけとのこと
源泉12.5℃、ナトリウム系の冷鉱泉、薄く濁ったやや金気臭
画像

以前の浴室はユニークな仕掛けがあり、TVの「ナニコレ珍百景」でも紹介されたそうです(以前の浴室→ここ人形劇サンダーバードのような自動蓋)

脱衣場でも聞こえた浴室で、こ~ん・・・こ~んと響き渡っていた音?正体は「ししおどし」、日本庭園にあるあれです
冷たい源泉が一定量、竹筒に溜まると重みで下にさがる、源泉が規則正しく浴槽に注がれる仕掛け
初めて見ました、これも「珍」登録かも?
画像

源泉を循環加熱するのではなく浴槽の底に仕掛けがあるようだ
画像


25年ほど前、川で遊んでいた子供が、川底からプクプクと湧く泉を見つけ建物の裏を掘削した温泉だそうです
女将さんのブログによると名湯保存会とか?から認定を受けたそうです
(ブログ引用)
  ①純粋なかけ流し浴槽があること .
  ②歴史的意義があること・ 
  ③温泉宿、施設に温泉を理解する関係者がいること、
  ④湯殿に非加熱非加水の源泉が注がれていること、
  ⑤湯客に広く開かれていること、
  ⑥湯殿における浴感で源泉の特徴が生きていること 

確かに 非加熱源泉投入は魅力です
冷たい源泉を温めるのは経費もかかること、そうした冷泉の旅館は昼間は営業していないところが多い
ここは日帰り入浴を受け付けている・・「湯客に広く開かれている」


庭の木の下に イノシシ君も健在です、前はもう一匹いたと思ったが・・
近づくと寄ってきます、畑をあらす怖いイメージですがこうして顔を見ると かわいいものですね
画像




国道19号、木曽路「鳥居トンネル」 入り口だけ四角で低いが
中央道の事故を受けて同じ工法だったが今は天井板を撤去して中は天井が丸く高くなり安心です
このトンネルを越えると奈良井宿 降った雨は木曽川から太平洋に流れる分水嶺、
画像


宮ノ越宿の看板を国道から それて旧道にはいった、木曽川 巴が渕
巴御前がここで水浴をしたという伝説が残る。
画像


宮ノ越宿は中山道36番目の宿場 (田中家に飾ってあった写真、何年前のものか?)
画像

宿場の中央にあった、かつての旅籠田中家、今年復元したばかり見学無料とのこと
画像

画像

天気予報の通り一日中雨のしっとりした紅葉の木曽路旅でした
道の駅で木曽路を旅する何組かの年配ご夫婦とお話して、名産と宿場の案内をしました
木曽に観光客が戻るよう・・・


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 25

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

ONKEN21
2014年10月27日 08:42
清雲荘の浴室、新しくなってもアイデア満載ですね。
露天風呂も後々作る予定があるのでしょうか?
木曽の観光については被害は御嶽山火口付近のみで立入規制も4kmのみ、集落には被害が出ていないようですし、訪れてほしいものですね。
私は昨日も二週連続で長野県の温泉で、榛名山や吾妻峡の紅葉狩りの後、高峰高原ホテルと菱野温泉薬師館に訪れました。
高峰高原ホテルは布引1号泉をローリー運搬、夜霧の中で入浴でした。
菱野温泉薬師館は清雲荘も認定された秘湯名湯保存会の貼り紙が浴室に向かう洞窟内にありました。
14℃非加熱、茶色い湯花舞う硫黄臭い湯が大量掛け流しの浮島風呂がありました。
冷たかったですが、加熱浴槽と交互に何回か入りましたよ。
2014年10月27日 12:16
御嶽山のまったくの突然の噴火で沢山の登山者が災害に遭われたことは悲しい事ですね、亡くなられた方には衷心よりお悔み申し上げます、お怪我をなさた方の一日も早いご回復を願ってます。
この地方は歌にも唄われているように、木曽と云えば御嶽山で親しまれている山が突然の噴火で観光産業には大変の痛手のようですね。
清雲荘の浴場が火災で焼けたようですが、宿泊棟は渡り廊下で離れていたので焼けずに済んだのでしょう、浴槽の底から源泉が湧いている温泉は珍しいですね、加温する事が無く省エネですね。
宿の主人はユニークなアイディアマンのようですね、池に流れ込む水で水力発電には興味がありますね。
何処の温泉でも湯ぶねに温泉が普通に流れ込んでいますが、獅子脅しの仕掛けを利用した遊び心には感心しました。その辺の観光にも行ってみたいと思います。
2014年10月27日 21:43
ONKEN21さんへ
新しい浴室の造りは内湯から外に出るドアーがありましたので露天の計画があるのかもしれませんね。木曽地方は関西方面のお客さんが多い所です、観光客が戻ってほしいですね。
ONKEN21さんのレポート拝見しました、良い紅葉狩りでしたね、菱野温泉の2軒とも経営が同じになったとは、地元なのに知りませんでした、薬師館はずいぶん前に入った事があり懐かしいので行きたいと思っています
2014年10月27日 22:02
go さんへ
御嶽山の立ち入り規制の4㎞内にスキー場があり、間もなく始まるシーズン営業ができないかも知れないそうです、それが王滝村の2割の世帯がスキー場に勤めているので心配だそうです。
ここ天神温泉は敷地内を掘削した12℃の冷たい温泉ですが浴槽に冷たいまま入れ底の網の下に加熱するヒーターか何か仕掛けがあるのだと思います。池に引いた水で勢いよく発電機が回っていて小屋の電球が点灯していました、きっと宿の主人は電気技術者なのかも?
運転、気を付けておいでください待っています
白色槍騎兵
2014年10月28日 06:15
あのサンダーバード基地の様な露天風呂は焼失してしまったのですか!?
虫や枯れ葉対策として、また話題性もあったのに残念です…
伊那・木曽方面は未湯(未踏)の地なので攻略を検討中です。
新しくなった「湯けむり館」、そして「せせらぎの湯」にも再チャレンジ!!
2014年10月28日 22:06
白色槍騎兵さんへ
サンダーバードをご存知ですか、いかにもの人形劇なのですが見入ってしまっていました、基地から発信するところなど釣り糸が写っていてもわくわくしましたよ。泡付が半端ない炭酸泉「二本木の湯」やさび色の塩化物泉など泉質もお勧めのところもあります、まだでしたらぜひ
白濁の名湯、晩秋の乗鞍、白骨もカラマツの紅葉も見ごろだと思います
sattoru
2014年10月28日 22:27
ししおどしの冷たい源泉の投入方法は本当に珍百景ですね!面白いですし冷泉の投入量が多すぎると湯温にも影響して加熱も増えますからアイデア賞のような気がいたします。「名湯保存会」ですか、なかなかに厳しい条件ですねぇ。巴ヶ淵の写真はお見事です!
2014年10月29日 09:20
sattoruさんへ
浴室まで行く途中から聞こえた音、はじめは遠くで犬が吠えているのかと思ったのですが規則正しい音で?・・考えもつかない「ししおどし」でした。「名湯保存会」の厳しい条件でもsattoruさんの湯回りする温泉はほとんどクリアーするのではないでしょうか。天竜川の上流ですが水面に落ち葉が流れているのですがうまく写っていませんね