さわんど温泉/梓湖畔の湯(長野県松本市)

≪2014/08/20≫756湯目
さわんど温泉は開湯して間もない新しい温泉
平成10年、国道158号線の安房トンネル掘削に伴い湧出した高温の温泉を7km先から引き湯して誕生し数軒の旅館や入浴施設がある

梓湖畔の湯は沢渡の入口、梓川の橋を渡ったすぐの日帰り温泉施設、720円(温泉博士)
画像


明るい内湯、大きな窓から梓川の流れが真下に見える、水が多いときはダム湖になるのでしょう
画像

単純温泉、源泉74℃を引湯、加水かけ流し
画像

露天風呂もあり涼しい風が白樺の葉を揺らす
画像

国道が見え、切れ間ないほどバスや乗用車が上高地に向かっていた(マイカー規制のため車はこの沢渡まで)
画像

昨日降った雨のせいか、白く濁った水の梓川
画像

食堂はなく休憩スペースもあり、カップヌードルも販売していた
登山の帰りか大きなリュックを持った男性が数名入ってきた、タクシーを待たせていたようだ
画像

湯が熱いので温泉玉子もできるようだ
画像



・上高地は年間200万人の観光客が訪れる景勝地
昭和50年からマイカー規制が始まり、その上高地へ行くためのバスターミナルとして、またマイカーを置くための大きな駐車場が設けられたのが沢渡(さわんど)
画像





道の駅 風穴の里
国道158号の上高地の玄関、いつも大勢の観光客でにぎわっている
画像

位置的にもドライブの休憩ポイントとしていい場所なのでよく利用している、今日もそばを食べた
「風穴」と言うから風穴があるのだろうと思ってはいたが初めて行ってみた
道の駅から歩いて7分(車でも行ける)
森の中に建物が・・・
画像

看板
画像

今日は涼しい高原でも28℃位の暑い日、扉を開けて自由に入れる
とたんに冷蔵庫の中にいるようだ 寒暖計は8℃を示していた
長くはいられない
奥には酒を貯蔵してあるようだ
画像

きっと酒も何倍もうまくなるのでしょう


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 30

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

sattoru
2014年08月23日 19:28
高温の湯ですと、少々引き湯をしても問題ありませんね。熱い湯のあとは、天然クーラー風穴ですか!なんともナイスな行程です!冬などは、ご当地ですと逆に暖かいのかもしれませんね。自然って奥深いですねぇ。それと、最近は自然の猛威もまざまざと感じました。
2014年08月23日 22:24
 sattoruさんへ
広島は大変な大惨事になりましたね、朝ニュースを見てどのあたりか地図をみました、sattoruさんが近くの里山を登っておられた記事を思い出しもしや自宅が近いのではと思って心配しました、尾根が離れているとのことで安心しましたが被災されたみなさん本当にお気の毒です。
改めて自然の中に生かされているんだと感じました、この国道158号は今は整備され良い道になっていますが、よくもこんな大自然の谷に道を作ったものだと思う所がたくさんあります、安房トンネル工事は活火山の高熱帯を通過する難工事で「中の湯温泉」があった付近で水蒸気爆発が起き犠牲者も出ました、こうして温泉に入られるのも申し訳ないようです
2014年08月25日 20:55
幸村さんこんばんわ、そろそろと運転しているようですね、私は20日から友人と青森まで4泊5日の旅をしてきました、その様子は又ブログで。
安房トンネルを掘削した時に温泉の湯脈に突き当たったようで中の湯辺りでも河原から蒸気が立っています。
北陸から安房越えのときはその辺は通過しています、温泉卵が出来る程の温泉とは知りませんでした。
風穴の道の駅はいつも混み合っていますね、前に何回か寄った事がありますが最近は通過しています。
安房峠を越えて北陸にも足を伸ばしてください、あまり無理な運転をしないようにしてください。
2014年08月26日 09:04
 go さんへ
青森ですか~、東北は大好きです(夏の)、温泉も津軽三味線も・
この沢渡のあたりまで約2時間、無理のないちょうどよい距離です、涼しい日陰で昼寝して帰りは安曇野方面を回っても夕方4時頃には家に着きます。安房トンネルを超えて奥飛騨温泉郷位なら日帰りコースです。
3年前の夏に4回目の青森~東北以来、長旅行はしていません・・・また行けるのだろうか?