草津温泉 /大滝乃湯(群馬県吾妻郡草津町)2

≪2014/02/26水≫ 
草津温泉を代表する日帰り温泉施設、800円(温泉博士)
玄関の佇まいは小さいが館内の広さにびっくりする
画像

脱衣籠が男湯300個もある広い脱衣場、天井から打たせ湯が落ちる広い内湯、煮川源泉、酸性硫黄泉、PH2.0、酸が強いので肌の弱い所が少しピリッと・・だが肌触りはツルっと、さすが名湯
画像

男湯の露天風呂は大と小があり、大から溢れた湯が小に流れ温度が下がる
画像

大の露天の山側には大滝乃湯のシンボル、石垣を流れ落ちている滝が・(湯か水か?流れて行ってしまう)
画像

小は温く長湯向き・・・・ しかし 草津の湯は長湯は禁物
「腹八分目」で上がらないと湯あたりし易いです、前に来た時も湯あたりで脱衣場で休んでいた人がいました
草津温泉の酸性度は強烈、湯畑に5寸釘を漬けておくと、10日程で針のようになってしまいます


画像


群馬県の藤岡からの常連さんのお話では
 ・草津温泉の数ある源泉で1源泉1施設はここだけ、PHも少し弱く、硫黄分は濃い
 ・合わせ湯浴室のかぶり湯は、目に良いので汲んで行かれる方も多い
 「草津には歯医者は有るが目医者はない」・・?とのこと
 酸は歯には良くないのか?


忘れるほど前の記憶では確か名物の浴槽があったと思ったが見当たらない?入口を常連さんに教えてもらった

男湯の露天風呂から脱衣場の半地下に石段を下ると 湯気と薄暗さで幻想的なムードが漂う、「合わせ湯」浴室
画像

大小5つの浴槽があり、
一番高い温度の浴槽は多量に源泉が注がれ白濁が強く、2番目は注がれる源泉は少なく1番湯と底が繋がっている、そして3、4、5と温度が低くなるにつれ透明度も増していく 昔ながらの温泉風景
一番温度の高い浴槽は45℃~46℃、低い浴槽は38℃~40℃

画像

「5つの浴槽を温度の低い方から高い順に約1分間ずつ、体を慣らしながら入浴する」と入浴方法の説明

画像


「合わせ湯」浴室は前は混浴だったが平成23年にリニューアルして女性脱衣場横に新しく女性用合わせ湯を増設した

古くから草津に伝わる「合わせ湯」は、
温泉の豊かな成分を水で薄めることなく、自然冷却して適温になるよう源泉が浴槽を順々に巡っています。一番湯から順に温くなっていますので、ぬる湯から入って少しずつ体をならしながら入浴する



館内はレストランと地下の畳の休憩室では横になれる、他に少しの時間休めるラウンジでご当地サイダー
画像


さすが草津温泉の温泉街は、他の温泉場と違いワシらのようなジジババだけでなく若い女性のグループや男の子たちが多くて活気がある
当地の温泉街と大違いだ、羨ましい

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 24

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

sattoru
2014年02月27日 23:42
日本を代表する草津温泉、憧れの未湯です(泣)。時間湯的に、順に浴槽を移動する…、温泉文化を感じます。まさに湯治なのですね。幻想的な合わせ湯、素晴らしい写真ですね。うす暗い感じの浴室は何か秘湯感あふれ、そして精神的にも癒される感じがして自分は好きです。
2014年02月28日 13:47
さすが天下の草津温泉ですね、大きな浴槽にたっぷりとした湯は気持がよさそうですね、つい長湯をしそうですが湯アタリに注意ですか、硫黄の香りがこちらまで来ていますよ。
2014年02月28日 17:58
 sattoruさんへ
そうですね、湯治の歴史ある温泉地、その源泉に合った効果のある入浴方法が伝わっているんですね、ワシは体験したことは無いですが「時間湯」は有名ですね、湯もみ>湯かぶり>48℃に3分>タオル蒸し、だそうです。ワシはここの合わせ湯46℃1分でも熱すぎです(笑)
♪草津良いとこ一度はおいで・・sattoruさんもぜひ、お湯の中にも花が咲いています
2014年02月28日 18:09
 go さんへ
子供の頃、「おまえは湯に浸かるとタコみたいになるまで上がらない」と言われたのを思い浮かべます、草津の湯はそこまで入ると倒れてしまうかも?
硫黄の湯に入った日は帰って来ても体が硫黄の匂いです、異様な臭いでないのでいいですが・・
2014年02月28日 21:24
幸村さん、こんばんは♪
大滝乃湯とはなかなか縁がなくて過去に1度しか伺えていません。
大リニューアルがあり『行きたい』と思っていましたが、こちらの記事でますますその思いが強くなりました♪

≪合わせ湯≫の存在も今日知りました(^^;
ありがとうございます。
あぶ
2014年03月01日 14:30
こんにちは♪
大滝乃湯って埼玉かと思ったら草津だったんですね。草津温泉は比較的近いですが,人が多く道が狭くてちょっと僕には近寄りがたい感じです。酸は歯によくないですが,お湯ですもんね,どうなんでしょう?しかし,入りたくなってしまいます。
2014年03月01日 17:46
 nekomama さんへ
こんばんは・ワシも久しぶりに行きました、リニューアルで女性専用の合わせ湯浴室も新設されていました、妻が新しくて気持ち良かったと言っていました、八ッ場の道も良くなって行きやすくなりましたよ、ぜひ行ってみてください(温泉博士今月号掲載されています)
2014年03月01日 17:56
 あぶさんへ
埼玉にも道の駅の大滝温泉、ありましたね、一度行きましたよ。
草津の温泉街は狭いし歩いている人が多くて運転は大変ですからね、この日も地蔵の湯の方の急坂細道に入ってしまって雪もあって怖かったです、六合村側からの広い道からなら簡単のようです、専用Pもありました。歯はどうなんでしょうね?、しかし車のエンブレムが変色していた車がありましたよ
白色槍騎兵
2014年03月02日 10:18
やはり草津も積雪が凄いですね。

ここ大滝乃湯は、かなり御無沙汰です。
と言うか、草津温泉自体、もう3年も行っていません…
御座之湯にも入浴したいですね。

それから、あの万代鉱のピリピリ感がたまりません!!
2014年03月02日 17:51
 白色槍騎兵さんへ
そうですか草津まではけっこう距離ありますね、雪は心配していたほど無かったです。
御座之湯はもうじきオープン1年になります、あれから行っていませんが観光客で賑やかなことでしょうね。
「あのピリピリ感・・」、さすが肌で実感できる温泉ですね
2014年03月09日 21:17
こんばんは、毎回、素晴らしい温泉を紹介して下さってありがとうございんます、私の訪れた事のない温泉ですが、その温泉に浸かっている気分になります、ありがとうございます、私のbulogもずっと見守って下さい、幸村さん頑張れ。