奥湯村温泉/紅椿の湯(山梨県甲府市)

≪2014/01/15≫754湯
湯村温泉街を抜けた住宅地に昨年2013年、9月にオープンした新しい日帰り温泉施設、700円(博士)
オープンしたばかりなのでナビでは出ない、電柱看板を注意深く見て行く
画像

内湯には温度の違う区切られたかけ流し浴槽、ナトリウム・カルシウムー塩化物泉、源泉44.2℃
画像

露天も「かけ流し」とのことだが、加温のため循環しているようだった
画像

1.5階のテラス造りで、晴れていれば男湯の柵の間から、富士山が見えるとのこと(今日は曇りで残念)
画像

石の浴槽は33℃位の水風呂
画像

2階に食堂があり休憩スペースもあるので横になって休んで来た・・ご当地サイダー200円
画像


今日は
双葉SAで昼食、スマートICで下道に・・・帰路は国道20号で途中の「蔦木宿の道の駅」で休憩しただけのドライブでした
行きも帰りも白樺湖の大門峠を越えた、日影の道に少し雪がある程度で良かったです


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 26

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2014年01月18日 14:20
紅椿の湯は昨年の9月オープンですか、出来たてのホヤホヤで温泉だけに湯がが上がっていたでしょう、綺麗で気持が良いですね、住宅街の一角にあるようですが、そんなに遠くから浴客も来ないので、地元民が多いでしょうね。
大門峠は冬に通るのは滑ってこわくないですか、峠を越えると道筋に温泉がいくつかありますね、長野、上州、山梨は温泉が多くて幸村さんも忙しいですね。
交通安全で楽しんでください。
2014年01月18日 21:23
 go さんへ
寒いですね(~o~)、甲府周辺は街中でもいい湯が多いです。甲府と言うと宝石など「石」が有名ですが、こんなに温泉も多いとは知りませんでした。道の駅でメノウの安い腕輪を買って来ました、これでパワーが出て元気で今年も過ごせればいいのですが・・。
帰り道、カーブで対向車のトラックを追い越してきた軽自動車がセンターラインを超え・・・危うく正面衝突するところでした、雪がなくて良かったです(さっそくパワーストーの腕輪のお陰だったかも?)
sattoru
2014年01月18日 23:21
新しい温泉施設まで遠征されたのですね、さすがです。湯上りにごろっと横になって休めるのは体にもいいでしょうね。自分はバタバタする湯巡りが多いのですが、いつか一日中ゆっくり出たり入ったりのワンデー湯治(?)を敢行してみたいなぁと思ってます。湯村温泉という温泉は結構あるようですね。自分の入った温泉でも、島根の(出雲)湯村温泉、兵庫の(山陰)湯村温泉があります。
ちょび
2014年01月18日 23:48
先日は楽しいお話どうもです。
貧乏性なのか1湯をじっくりと味わう機会が少なくて...
ONKEN21
2014年01月19日 07:58
幸村さんも奥湯村温泉紅椿の湯に入られたのですね。
私も昨年の天皇誕生日連休に夕焼けの富士山を眺めながら入りました。
数年前まではここは富士見温泉があったそうで、カーナビはその名称で載っててたどり着くことができました。
紅椿の湯自体は山中湖の神奈川県寄りの道志村の道志川温泉で昔からやってましたが、奥湯村温泉は2店舗目のようですね。
温泉の多店舗化は関東ではよくありますが、甲信地方では珍しいですかね。
例えば長野市の湯ったり苑は埼玉県羽生市や新潟市にあったりします。
それにしても知名度アップを狙ったのでしょうか、このような新しい施設が温泉博士に載るのは異例ですね。
温泉の湯は掛け流しと称しながら循環も併用してましたね。
お湯自体は湯村温泉らしく少し塩味のある良い湯でしたね。
兵庫県の鳥取近くにある湯村温泉は共同浴場に10数年前に訪れたことがありますよ。
ONKEN21
2014年01月19日 08:22
続きです。
記憶を辿っていたら、出雲湯村温泉の河原の露天風呂にも入っていました。
http://www.travelog.jp/user/report_j/report.php3?userid=ONKEN21&seqno=5&page=5
甲府の方は湯村ホテルと富士屋に温泉博士で入ったことがありました。

天皇誕生日の時は紅椿の湯から双葉SAから中央道に乗り、大門峠から丸子の霊泉寺温泉和泉屋にハシゴしたので、幸村さんと同じコースですね。
大門峠は音無の湯から和田村まで完全な雪道でゆっくりと慎重に運転しましたよ。
それでも同じ埼玉県内のナンバーの車でスリップして側溝に落ちてた車など見かけましたね。
正面衝突の恐れとはやはり危ない道ですね。
2014年01月19日 17:21
sattoruさんへ
検索したら「湯村温泉」の名称が多いようですね、出雲湯村はsattoruさんが常連の「海潮温泉」の近くのようですね。ワシのように歳をすると湯あがりに少し休んでこないと帰りの運転が辛くなります
2014年01月19日 17:38
 ちょびさんへ
コメントありがとうございました、こちらこそ楽しい温泉話ありがとうございました。一湯味わうと言うより疲れてしまい体力がないからですよ(笑)、ちょびさんのように温泉博士も有効に使いたいです
2014年01月19日 17:41
 ONKEN21さんへ
「奥湯村温泉紅椿の湯」新しい建物で気持ちいよかったですね、そうそうナビには「富士見温泉」の文字が出ていました、ご近所のおばさんが公衆浴場?があったと言っていました。この日は曇っていて残念ながら富士山は見えませんでした、それでも今の季節、雪がなかっただけでも「良し」としました。
ONKEN21さんのこっちのブログもまたゆっくり拝見いたします
白色槍騎兵
2014年01月21日 07:33
私も「紅椿の湯」と聞いて「同名の施設が道志村にあったなぁ」と思いましたが、やはり系列施設なんですね。

蔦木宿の道の駅は、入浴施設があるので、以前車中泊した事があります。
それに食事処のメニューも安くて美味しかったですよ。

因みに、蔦木宿は武田晴信と諏訪頼重が和睦した際、領地の境とされた場所ですね。
2014年01月21日 22:09
 白色槍騎兵さんへ
未湯ですが道志村の「紅椿の湯」のパンフレットも並んでいたので同じなんですね、
蔦木宿が甲信の界ですか、そう言えば国道にドライブイン「国界」と言う食堂、40年もの昔からありました、兄と入った記憶がまだ・・
道の駅は広いので車中泊にはいいですね、トイレに洗濯禁止と書いてあったので泊まられる人が多いんだなーと思いました