奥平温泉/遊神館(群馬県利根郡みなかみ町) 3

中之条から山道越えて一年ぶり3回目の訪湯≪2012/01/25≫
山あいの静かな温泉施設 550円
画像

広間では、館内で打つ手打ちそばなどの食事もオーダー出来る、
珍しいメニューが・・「カミナリ重」とは何でしょう?  ?
田舎の温泉施設も、今風で館内はインターネットの高速通信のWiFiが使用可能だった・・ツイッターもOKだ
画像

広い浴室には薬湯浴槽もある
画像

画像

露天風呂からの眺望は無いが開放的
画像

・「カミナリ重」とは・・
なまずの唐揚げの載った お重のメニューだった
なまずのから揚げ(単品500円)・・
画像

多少川魚の匂いがするが、レモン汁を掛けると気にならない、ふわふわの白身でおいしいです・どちらかと言うと鱈系かな




 
【とうみや 食堂】(群馬県中之条町・JR中之条駅入口の信号 横)
いつも通るたびに気になっていた昭和の食堂
画像

画像

中は期待を裏切らない、想像通りの昭和、早速女将さんが並んでいる置物など説明してくれた
買ってきた場所やその時のエピソードなど次々と止まらない・・・・(先に女将さんのトークのスイッチどこか聞いておけばよかった)
画像

店名の「とうみ」ってなんでしょう・・・これです(また店外に出て教えてもらった)
先代は宮大工で、こうした農具も作っていたからだそうです
画像

昔、畑でこの大きいのを見たことがある、
「唐箕(とうみ)とは、収穫した穀物を脱穀した後、籾殻や藁屑を風によって選別する農具」とWikipediaに
画像

これは先代の作った物ではないがかなりの年代物、ハンドルを起こして手で風車を回す
画像

女将さんの元気は凄い、さつき盆栽や絵も描かれる、お店を描いた水彩画
画像

一斗二升五合とは 22.54875 リットルの事ではない
画像

『御商売益々繁盛』ということだそうだ
「一斗」とは「五升の倍」だから『御商売』、
「二升」は「升(マス)が二つ」だから『益々』、
「五合」は「一升の半分で半升(はんじょう)」だから『繁盛』

厨房からご主人が出てこられた、静かで優しそうなご主人でした
お二人で、ゆっくりお店をやっておられる様子で、仲の良いお手本のようなご夫婦でした
店内の雰囲気も、ワシらと同年代のご夫妻も、そして味も裏切らない 昭和の食堂でした
モツ煮とざるそばを食べました





この記事へのコメント

sattoru
2013年03月01日 23:49
なまずですか、まだ食したことがありません。珍しいですね。粋な日本語ですねぇ。勉強になりました!長寿のお膝元、美味しい野菜、信州の蕎麦、そして素晴らしい温泉の数々・・・、「幸村の散歩」もあと70年は安泰ですね!
2013年03月02日 11:02
こんにちは、上州には色々な温泉が有るようですね、「カミナリ重」でナマズの料理か、ナマズは雷じゃなくて地震じゃなかったか?、ふぐを「」鉄砲」とゆうような物かな。?
中之条駅前の食堂は昭和レトロの面影と有よりその物です、旗に中華そばと書いてあるがラーメンじゃないところがいいです。
店の名前の「とうみ」に納得しました。
よそ者がいったら中々放してもらえないね、一から親切に説明して下さる女将が看板娘か。
2013年03月02日 22:07
 sattoru さんへ
長野県内にもなまず料理を売りにしている個人営の温泉施設がありましたが、今回初めて食べましたが軟らかくて美味しかったです
長寿の記録、平均値落とさないようにワシもプレッシャー感じますよ(笑)
2013年03月02日 22:24
 goさんへ
「カミナリ重」は上州の郷土料理だそうです、なんで雷がなまずなんでしょうね?、昔、名川のま~ぼうちゃんの上の兄ちゃんたちが川で掴んで来たなまずを鍋にしていた、子どの自分たちには障子を閉めてしまい食べさせてもらえなかったような?、あのとき食べさせてもらったのか忘れました?、だから「ナマズ鍋」ってなんとなく旨そうな響きです
昭和レトロの食堂の老夫婦、仲良く続けられていて、今は夜遅くまで営業しないし、今までの種類の多いメニューも子供さんが心配して少なく書き換えてしまってそうです、こうして現役でできる事も素敵な人生ですね
とやま
2013年03月04日 07:33
リンク先拝見しました
動画も撮られていて
精力的ですね
過去に3~4回入ったのですが
その内の2回はお盆の御嶽山登山時でした
アブや蚊の宝庫で悩まされた印象が強いですが
足底の見えない不安感のある温泉としても
印象深いところでした
お盆の時期の御嶽山は
夜間登山のメッカでご来光狙いの信者やら登山者やらで
大わらわ
そしてお盆周辺日はペルセウス座流星群ということもあり満天の星々や流れ星を見ながらの登山は最高でした。
幸村さんのところで言えば―
車坂峠からの雲海ご来光くらいの
素晴らしさといったとこでしょうか
3月に入り
18きっぷシーズンとなりましたが
過去の思いで話がありましたら
教えてください

2013年03月04日 22:06
 とやまさんへ
ワシが塩沢温泉に行ったのは7月の初めでしたので、アブも蚊もいませんでした、先客さんが衣服を下に置くと蟻がいるのでと下げるよう教えてくれました、御嶽山と言えば
おんたけ高原温泉/こもれびの湯(長野県王滝村)は鉱泉ですが真っ赤な湯で凄かったですよ
青春18きっぷは、昭和57年からだそうですのでワシらの青春は終わっていましたね(笑)、青春は北海道から東北仕事絡みの一人旅の思い出ですかね~
桔梗
2013年03月05日 20:28
群馬県の方まで足を延ばして温泉の旅奥様とご一緒で羨ましいです、ナマズの天ぷら食べた事無くどんなお味か興味津々ですね、温泉もゆったりしていて、温泉私も行きたく
なりますね、

2013年03月05日 22:42
 桔梗さんへ
妻は運転をしませんので、連れまわしています、ケンカばかりですよ(-_-メ)。なまずは鱈を軟らかくした舌触りで味は淡白ですので揚げものが合いますね、
今日は啓蟄、ワシも運動不足で虫みたいに外に出て散歩しなければいけないと思っていま~す