下諏訪温泉/≪新≫旦過の湯(長野県諏訪郡下諏訪町)

旧中山道、下諏訪の諏訪大社下社秋宮に近い町営の公衆浴場、数台の駐車場もある
画像

歴史は古く鎌倉時代に近くの寺の寮で修行僧が浸かっていた湯だそうだ
画像

下諏訪温泉でも一番に熱い湯で有名なこの湯が、敷地内に新浴場が完成して、2012年12月にオープン・・(子どもが小さい時に連れてきてあまりの熱さで、加水しようとしたら地元の方に叱られた思い出があります
新浴場は周囲ともあった町屋造り、220円、午前5:30~22:00、無休
画像

新しい建物で、番台前も広々している
画像

中の浴槽は二つ「ややあつめ 四十四度」と「あつめ 四十六度」に仕切られそれぞれかけ流し
画像

ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物温泉、敷地内の源泉56℃、別な所から引いた二十数度源湯で温度調整をしているとのこと、今日のあつめの湯は46.2℃だそうだが 足を入れただけで痛いようでギブアップ
画像

小さいながら露天風呂もある、雨避けの屋根があり全く外も空も見えないが外気が入り気持ち良い
画像

内湯のタイルに富士山が描かれている、
画像

葛飾北斎の絵と思い近寄って見ると・・・おや写真だ
画像一枚一枚見ると地元の名所や住民が写っている
画像

隣に源泉の小屋があり看板にも「・・源湯」と書かれている、、中の温泉表示にもまた番台の方も源湯と呼んでいた
画像

番台の方のお話では新しくなって熱い湯だけでないので、最近は子供連れもお客さんも来て、前は無かった光景だそうです


今日は関東にも大雪注意報が出されていて 和田峠も枯れ木に雪の花がさいていた
画像



この記事へのコメント

2013年02月06日 23:54
熱いお湯は好きですが、46℃はちょっと・・・いや絶対に無理です。
人間は何度のお湯まで入れるんでしょうね
2013年02月07日 08:05
おはようございます、46°の湯にはちょっと入れませんね地元の方は慣れているんでしょうね、出来たばかりで綺麗で気持ちがいいでしょう、昔は熱い湯だけだと子供連れはきませんね。
諏訪の神社の横の「うら亀屋」に泊まった事が有りますが肌さわりの良い温めの湯だったですが近くでも泉源によって熱い湯が出るようですね。
和田峠の雪景色が奇麗ですね、別所からは峠越えで距離的には近いか。
ONKEN21
2013年02月07日 08:39
幸村さんも新旦過の湯に行かれたのですね。
旦過の湯の熱湯、新も旧も入りましたが、どちらも何とか入れましたね。壁絵はカランの背後のですか?
写真だったとは気付きませんでした。
源湯の小屋も夜だったせいか気付きませんでした。

日曜は健康村と豊野りんごの湯に行ってきました。
健康村は打たせ湯のみがローリー温泉みたいですね。
りんごの湯の露天風呂はまだ閉鎖中でしたが、GW前の再開に向け工事するようですね。
あと長野へ行く途中で汲んだのですが、安中市の磯部温泉はるか北のブクブクの垂れ流しは本当に凄い、幸村さんも是非、行かれてみて下さいね。
桔梗
2013年02月07日 17:08
46度とは又熱いお湯で、普通の人は入れないでしょうね
雰囲気的には、別府の銭湯を思い出します
200~300円で掛け流しで
温泉には、良く富士山の絵が描かれていますね
私は、河口湖の宿の露天風呂から実物の富士山を眺めましたよ、凄く良かったわ
2013年02月07日 21:48
 achisi さんへ
せっかくの名物の「熱い湯」なので体験しようと入りかけましたが熱いというより痛かったです、急いで上がったら入った所までくっきり線が・・赤い長靴はいているよう?(笑)
2013年02月07日 22:01
 go さんへ
熱い湯と言えば子供の頃を思い出しました「おまえは風呂嫌いのくせに、行けば赤くなるまで浸かっている」って言われたことを・・頭からお湯を掛かられるのが苦手で嫌がったようですね。
「うら亀屋」、諏訪大社の裏じゃなくて横ですか、地図で見ましたら直ぐ近くですね、同じ町営の児湯のとなりですね、やっぱり児湯はそんなに熱くないようですよ
2013年02月07日 22:18
 ONKEN21さんへ
行ってきましたONKEN21さんのレポートも拝見して熱いのも覚悟して(笑)・・湯小屋は目の前の駐車場の一角にありましたよ。
健康村は温泉では無いと思っていたので未湯でしたが博士に掲載されたので直ぐ行きましたが温泉らしさは感じませんでした、ローリーでしたか。磯部の源泉リポート拝見しました、あの画は興奮しますよね、一度見たいものです
2013年02月07日 22:29
 桔梗さんへ
自分は温い湯の方が合っていますが温泉ならなんでも・・(笑)別府の銭湯ですか憧れます、別府は湯が豊富ですのでリーズナブルなんですね。九州に行ったとき一ヶ所、竹瓦温泉だけ入りましたが最高によかったです。
河口湖から実物の富士山を見ながらでしたか、それも最高ですね
sattoru
2013年02月07日 22:41
こちらもすばらしい共同湯ですね。半端ではない湯力なのでしょうね。子供さんなどが、熱い湯に浸かることができずすぐに帰られる光景は、ちょっとかわいそうに感じることがあります。ややぬるめの浴槽がちょっとでもあるのはいいことかもしれませんね。雪の花もきれいです。
2013年02月07日 22:53
 sattoru さんへ
昔ながらの渋い共同湯が閉鎖の話が多い中、こうして新しく建て替えられるなんてすごいことですね。ややあつい湯の方でも半身浴でした、上がったら昔、どこかのウイスキーの漫画のコマーシャルのように下から半分まで赤くなっていました(若い方は知らないCMですね)、sattoruさん流にせっかく用意してもらってる源泉浴槽・・・でも今回はワシはダメでした(笑)
2013年02月08日 22:29
旦過の湯、建て替えられてしまったんですね。
昨年末も諏訪に行くかどうか迷っていたんですが、結局は行かずじまい。
地元の皆さんの写真を貼って作った北斎の神奈川沖波裏?の絵は是非見てみたいものです。
あの熱い湯と合わせて、再訪するのを楽しみにしています。
2013年02月09日 09:26
と~じ さんへ
コメントありがとうございます、建て替えられて風情が無くなってしまうのも残念ですね、でも今度それ程熱くない浴槽も出来たので利用しやすくなったのでしょうね。
と~じさんの九州の共同浴場などの写真を拝見していると、ワシの知らない温泉ですがその土地の人たちの沁み込んだ思いや歴史を感じます、いいですね温泉は・・・。諏訪周辺にも共同浴場がたくさんあるようです、こんどぜひおいで下さい・・
白色槍騎兵
2013年02月10日 20:44
個人的には、昔ながらの古びた共同浴場が良いと思いますが、日々利用する地元の方々には、やはり新しく綺麗な方が良いのでしょうね。

これからも、以前と変わらず「熱い湯」を楽しめそうですね。
2013年02月10日 22:09
 白色槍騎兵さんへ
地元の方ともお話したのですが、地元で熱いと有名だった、和田峠の登り口の「六峰温泉」は閉鎖してしまいましたね。
ワシが温泉好きになったのも、近くの公共浴場(別所温泉石湯)にいつも通っていたからです、・・が改装してしまい最近はほとんど行っていません、昔はカランもシャワーもなく上がり湯は一ヶ所だけでした、それが今の人たちには受けないようですね