大芝高原温泉/大芝の湯(長野県上伊那郡南箕輪村)3

大芝高原は 赤松と桧の平坦な森の中に宿泊施設やキャンプ場、スポーツ施設が点在する、日帰り温泉施設「大芝の湯」、500円(木定休)
人気施設のようで開館早々お客さんの車が次々と入って来た
画像

大きな浴室には、サウナのほかに源泉ミルキージェットバスの小浴室、超音波で細かい泡を出し、まるで濁り湯のように白濁する、36℃位のぬる湯設定の寝湯、先客がゆっくり浸かるので、なかなか空かない

今日の男湯は「ひのきの湯」側で、外に突き出したジャグジーバス
画像
周辺の木々を見ながら浸かると森林浴も一緒に出来そうな気分に・・
画像

それに石積みの露天風呂もある、湯は透明な単純泉、
画像

明るい休憩室は床暖房で食事メニューも豊富(AM10~
画像  酢豚定食600円
画像










・・・歩行プールも使用できるとのこと、今度は水着を持ってこよう・・
             前回≪2007/12/12≫






産直市場グリーンファーム【伊那市】
後ろに中央アルプス、前に南アルプスを望む畑の中にある、産直市場
画像

隣には前はダチョウ牧場だったが、今はたくさんの種類の動物がいて無料ミニ動物園になっていた、熊、猿、孔雀、ウコッケイ、ヤギ、馬、など
画像

直売所の入口で今年の干支、「蛇石」が迎えます
画像



販売している種類が多く、またダチョウの肉など、めずらしい食材が売っているとのことでTVの「秘密のケンミンSHOW」でも紹介されました
ほんとに、いろいろ売っていました、花も食品類も安いです
イナゴや信州人の好物「蜂の子」も当然のように販売されています
画像

自分も子どもの頃、花火(2B)を使って山畑の石垣で蜂の巣を取っきて、フライパンで炒って食べた事を思い出した。
試食をいただきました、蜂の子は特においしいです、懐かしい味
130g 1500円とこれでもお得ですが高価、購入断念しました
画像

この記事へのコメント

2013年01月10日 07:52
おはようございます、大芝の湯はロケーションもいいし新しくて綺麗なところですね、上田からだと時間がかかるでしょう。
中央道の沿線で高原になっていて綺麗なところでしょう、蛇石は瑪瑙に白い石が蛇のように見えて変わった石です。
花火で石垣の蜂の巣を取ったもんだね良く覚えていますよ、そうゆう昔の事を覚えているのに昨日のことを忘れています、よわったもんです。
この時期の遠出は気おつけてください。
sattoru
2013年01月10日 09:32
信州の清冽な空気に映える湯煙がなんともいい感じですね!人気のある湯船がなかなか空かない・・・、よくあるんですよね~。珍味がこのように豊富に売られているのですね、都会ですとどのくらいの値段がつくのでしょうか!!
2013年01月10日 20:42
産直「グリーンファーム」、だちょうのお肉を売っているのですか卵は食べたことがありますが肉はどんな味なのでしょうか。その他、珍味も 面白い産直市場ですね。
2013年01月10日 21:21
 go さんへ
「大芝高原」、そうですそうです、中央道の沿線の森になっているところです、中にオートキャンプもできるようですよ。蛇石は瑪瑙ですか、縁起いい白蛇ですよ、そう言えば白蛇神社も思い出します、火渡りやりましたね(今朝の事も忘れているのに)。最近の花火は、昔のようにマッチ棒の先みたいのをこすって点火する(2B)のは見かけなくなりましたね
2013年01月10日 21:35
 sattoru さんへ
そうですね、釜や樽風呂とか人気あると空かないですね、三瓶荘は他にたくさん種類がありましたから、それでも順番に入りれましたよ。蜂の子、販売されていたのは佃煮に加工されたものと冷凍された生もありました、たぶんミツバチ?かもしれません、ワシら子どもの頃はその辺にいる普通の足長蜂でした、刺されると危険です、獲る危険度も価格に反映されているともっと高くなるかも(笑)、もっとも都会のお人には、おそらく需要が無いですよ・・・
2013年01月10日 21:49
 おぐまさ さんへ
ダチョウの玉子食べたことがあるんですか、ワシは肉も玉子も味わっていません、鳥ですから・・鶏肉系でしょうかね、蜂の子、イナゴは子どもの頃食べましたが、ここの(伊那地方だけの)珍味「ザザムシ」はまだ口にした事はありません(見た目が・・・いつか挑戦)ほんとにいろいろな物が売っていました珍しい物ばかりでなく普通の食品類がすごく安かったです、隣のミニ動物園も近ければ孫の子守に連れて行きたいところでした
あぶ
2013年01月11日 07:54
大芝高原の温泉,いいですねぇ。森の中の雰囲気がたまらないです。ぜひ行ってみたくなりました。伊那の方はかなり遠いので頑張らないといけませんが,実は仕事の関係で今年も一度くらいお邪魔しそうな感じです。また中央構造線でもみてこようかな♪素敵な情報をありがとうございました♪
2013年01月11日 22:39
あぶさんへ
長野県の南、南信には木曽谷と伊那谷がありますが、この伊那谷は駒ケ根、飯田にかけて日帰り施設がたくさんあります、お仕事が数日でも毎日違うと温泉に入れますよ、大芝高原にはオートキャンプ場もありますが、あぶさんのお車はオートキャンプ場でなくても快適なんですよね。
そうそうその谷の南は話題のゼロ磁場「分杭峠」です
2013年01月13日 00:39
(*'o'*) 伺いますが、これはいつでしょう?
雪が道路にない!?
同じリンゴ生産地の寒冷地のはずですが?
σ(^_^;) し失礼しました。温泉お話ですよね。
ジャグジーバスも石積みの露天風呂も撮影できるということは、この時は貸切でしたか(゚ー゚*?)
すが、この伊那谷は駒ケ根、飯田にかけて日帰り
2013年01月13日 00:41
頭が冬眠状態で、落書きしてしまいました 
2013年01月13日 22:03
 メロンパン さんへ
そうですよ、長野県も冬ですよ、青森県にはリンゴも負けてますが吹雪もね、メロンパンさん 温泉の年始回りで冬眠してられませんよ
長野県でも南側の平地では雪は少ないです、りんごは雪の多い北部が盛んですが、ここ伊那地方の飯田市では市街の中央にりんご並木の道路があり有名です。
平日でも来館客が多かったです、いつものように昼食時間帯に入浴しましたが浴室内はいっぱいでしたミルキージェットが空きません・・「おじさんたちお昼ですよ~」さすがに露天は寒いので時々客が切れました