湯の沢温泉/小川の湯(長野県上水内郡小川村)

長野から白馬に向かう県道、通称「オリンピック道路」沿いにある小川村の憩いの場
前の福祉センターを平成23年4月にリニューアルした、、村外でも300円、月曜休業
画像

食堂はなく、食べ物持込み可能、電子レンジや冷蔵庫もあり
畳の部屋では地元のおばあちゃんたちが家から持ってきた、おにぎり、漬物やてんぷらのタッパーを並べで茶飲み話中
聞こえてきた?????、ワシも信州の方言はだいたい理解できると思っていたが、使い方がちょっと違うように思えた
画像

まだ新しい施設で気持ち良い
画像

露天はなく、内湯の窓から箱庭、男湯は山側にも窓があり裏山が見える
単純硫黄冷鉱泉 、加熱。循環、消毒
画像

300円の施設でもシャンプーは無いが石鹸があり、また洗面所にドライヤーも使用できる


・・・・小川村の散策  ・・・・・   ・・・・・
小川村と言えば、
おやき村「小川の庄」 
 県道から細い急坂を登る(冬は要スタットレスタイヤ)
画像

途中、道を間違えたのかと思う・・・が「この道でいいです」の標識
約2Km登って行く、相当急坂、脱輪しないように注意・・ところどころに励ましの標識
画像

おやきは縄文竪穴住居風の別棟で囲炉裏で食べるが、ワシらはいつも蕎麦が目当て 
部屋には 掘りごたつ、
画像

漬物や煮豆の試食は皿に取ってコタツでも味わう事が出来る
画像

ガラス張りの部屋で手打ちされた蕎麦には、野沢菜漬と小鉢、それにわさびが付いている(700円)
今日の蕎麦は、薄いがやや幅広だった
画像


 [高山寺] こうさんじ(長野県上高井郡小川村)
真言宗のこのお寺は、信濃33番札所の結願寺
画像

県重の三重の搭
画像

遠くアルプスが見える高台
画像

ご住職はアトリエを持つほどの、絵の腕前でご自身で天井画も描いてしまう、地元TVでも紹介された
今日は本堂が閉まっていたが今度参拝する時には、本堂の天井も拝見したい
画像

無事に新年を迎えられる感謝と来る年も楽しく過ごせるよう祈願した
高山寺のすぐ下の地区の名が・・・・ 
             「成就」とは 参拝帰りにはうれしくなる地名だ
画像



帰りの出来事
「中条の道の駅」で、お互い支えあって歩いている、おばあちゃん二人と会った、
美容室にあったパンフレットを見て、ここの「おぶっこ」が食べたくて来たが、食堂は定休日
朝からバスに揺られ、バス停から2キロも歩いてやっと来てのに、
近くに食堂はない、ここはバス路線ではない、お昼時間も過ぎ、あまりに気の毒になって
長野市内まで送ってやることに
感謝されたが、80才まだまだ元気なおばあちゃんたち、からも元気を頂いた





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 23

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

あぶ
2012年12月27日 14:37
オリンピック道路は走ったことがあります。ここは雪がありませんね。日向だと溶けてしまうんでしょうか。300円はリーズナブル。ゆっくりと入りに行きたいです。
おばあちゃん達,片道2kmも歩いたんですか?すごいなぁ♪
桔梗
2012年12月27日 17:48
設備が良いのに300円とは安いですね
長野はおやきが美味しいですね、私も大好物でデパートで長野物産展があれば必ずおやきを買います野沢菜入りが好きです。
お蕎麦も美味しそう

良いお年をお迎え下さい、
2012年12月27日 18:49
こんばんは、小川温泉は地元の人が食べ物を持ち寄ってゆっくりと温泉を楽しんでいるようですね、田舎訛りでどんな話題を話しているのでしょう、テレビの「普段着の温泉」に出てくるような。
おやき村「小川の庄」へ一度行ってみたいです、色々な漬物が試食できるし、第一に炬燵がいい!。
蕎麦も美味しそうだし、生わさびと小鉢の煮物、野沢菜がついて¥700がいい!、煮物も田舎のばあちゃんが煮たもので美味しそうじゃないかい。
2012年12月27日 21:11
 あぶ さんへ
雪は山道の日影に少しあっただけでした、送って行く車の中で「おばあちゃん歩いて出かけるって、凄いね~」と言ってら運転しないのでこれが「日常の事」って言われました、・・・そうだよね、昔の生活のほうが普通なのかも知れないと思いました
2012年12月27日 21:20
 桔梗さんへ
小さな村が、「おやき」で村おこし、アメリカまで売り込みに行ったおやき村です、ネット販売や直営店など頑張っているようです。
コメントありがとうございました、ご家族を大切にされている桔梗さん、来年も良い年でありますように・・・・
2012年12月27日 21:33
 go さんへ
昔、おふくろ達は、近所の人の顔みれば「お茶飲まね~かい」って、なっぱ皿いっぱい出して、呼んだり呼ばれたりしてましたね、その事を思い出しました「レンコンのてんぷら食ってみねかい~・・」って、次から次に・・いっぱい食べる事が長生きの秘訣なのですね。
小川の庄はお勧めです、囲炉裏と言っても日本家屋でなく縄文人のイメージです
sattoru
2012年12月27日 23:40
幸村さんの優しさあふれるエピソードに、こころ暖まる思いです。蕎麦とともにある、わさび・野沢菜がとてもおいしそうですね。走っていて不安になる見知らぬ道に、絶妙なタイミングである標識は本当に助かるし気持ちが楽になるのですよね。
2012年12月28日 02:01
小川の庄、2回程行きましたがお気に入りでなつかしいです。初めて行った時、道が急な山道で圧雪していて、たどり着けるか不安でしたが、なんとか・・
私らは「おやき」が目当てで着いたらすぐ囲炉裏へ直行でした。小川村には温泉施設があったのですね。
2012年12月28日 21:41
 sattoruさんへ
最近、自分より年配の方が元気で活動されている姿に励まされています。小さいが「わさび」付いていて700円、食べるまでの、すりおろしている時間が好きです、香りがしてきて「よ~し たべるぞ~」と食欲が増します
2012年12月28日 21:48
 おぐまさ さんへ
雪道の時も登られたんですか、以前に名古屋のお客さんがあと30m位の所で停まってしまい、支配人の助けを借りていました。
「小川の湯」はすぐ近くです、湯は加熱循環ですが新しくて気持ち良かったです
白色槍騎兵
2012年12月29日 07:09
方言は正に地域文化だと思います。
千葉県でも、私の住んでいる千葉市周辺、外房(太平洋側)、内房(東京湾側)、北総(県北部)で微妙に違いますね。

「小川の庄」は良くテレビで見ます。確か、60歳以上でなければ雇ってもらえないとか…
生涯現役がモットーだそうです。

囲炉裏で焼いた「おやき」、鍋で煮込まれた「おぶっこ」は、寒い冬にこそ、食べたいです!!
2012年12月29日 18:23
 白色槍騎兵さんへ
県内でも方言も違いますが、「おやき」の作り方も違います。「小川の庄」は有名になりましたね、善光寺の門前などで直売もしてますが、やっぱり あの山道を登って囲炉裏でおじいちゃんに焼いてもらって食べるのは格別ですよ・・今度ぜひ