じょんのび温泉/楽寿の湯”じょんのび村”(新潟県柏崎市高柳町) Ⅲ

昨年秋に来たが、道路の圧雪も消えたので再訪湯
画像

日帰り温泉と温泉宿泊、農村リゾート観光施設、500円(温泉博士)、今年はまだ周囲の積雪は多い。この時期はまだ農作業がないせいかお客さんが多く 3ヶ所ある小ぶりの休憩室もいっぱい。
内湯の外のデッキ造りの露天風呂からは まだ当分農作業ができそうもないほどの積雪の景色
画像

泉質は ウーロン茶を薄くしたような色で、超ぬるぬる系で、記載はなかったが かなりHPが高いと思われる、いわゆる美肌の湯・・・・弱アルカリ性の温泉は、古い角質がとれて肌がつるつるになる 「上がった後に肌に手をやると吸い付く感じ」に、と感じる女性もいるかも・・・・
画像

ロビーでは絵の展示会がされていた、この付近の農村の風景をモノトーンで描いた作品の数々、棚田や板壁の民家・・・・雪解けの頃、大好きなこの景色をまた見にこよう
画像



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
途中、県境の長野県北部地震で被災された栄村を通過する
ここは、豪雪で有名な地だが、特にこの冬は積雪も多く、被災地にダブルの苦難となった
画像

やっと国道の除雪も進んで、豚バラ肉みたいな道路は通行に支障ない、道路わきの電柱はまだ曲がったままの所もある
画像

JRの森宮野原駅の周辺
画像

画像

画像

駅の壁にメッセージ
画像

仮設店舗
画像

役場の壁にもメッセージが
画像

大変な一年だったでしょうが、被災地は、まだまだ本当の雪解けは遠いのかもしれない

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2012年03月08日 09:41
じょんのび村のじょんのび温泉とは変わった名前ですね。
豪雪の中にひっそりとたたずむ温泉に雪を見ながら浸かるのもいいですね。
震災に豪雪、栄村は大変なようですね、テレビ等で見ると老齢化が進んでいるようで復興にも長い年月がかかるでしょうね。
2012年03月08日 21:52
go さんへ
「じょんのび」とは新潟県の方言で、のんびりとかゆったりと云う意味だそうです。
昨年の震災の25日前、ここ栄村の「北野天満温泉」で、じょんのび雪見の露天風呂に入っていました、
”・・雪がちらちら舞う景色、上の村の家々が見えた 薪ストーブだろうか煙突から煙が昇る光景にうっとり・・”と その時のブログに書いてあります・・・遭遇していたかも知れない災難だけに、気の毒に感じました。早く前の様な穏やかな村に復興してほしいと思っています。 今度行ったら村が明るくなってきた話題をさがします
ONKEN21
2012年03月12日 14:00
昨日は閉鎖が噂されている川原湯温泉聖天様露天風呂と、この前時間切れで行けなかった妙高の赤倉パークホテルに行ってきました。
聖天様露天はまだ閉鎖予告の貼り紙や入浴客の話にもなかったので延期になったのかも知れませんが、昨年の笹湯共同浴場閉鎖の時は一週間くらい前に突然閉鎖が発表されたので予断を許しません。
赤倉パークホテルは妙高山北地獄谷から引いた湯で硫黄臭のする白い湯花舞う塩味の肌スベスベの湯がかけ流しで良かったです。
硫酸塩と炭酸水素塩の二種類の泉質の特徴があるそうです。
ただ、幸村さんにとっては15時からというのが引っかかったでしょうか。
妙高も雪の回廊が凄く高かったですが、南下し長野県に入ると雪の壁がどんどん低くなり、
たった20km位の長野市では雪の壁すらないという変化がおもしろかったです。
2012年03月12日 17:55
ONKEN21さんへ
もうじき閉鎖ですかね、聖天様露天風呂。残念ですが未湯なんです、10年ほど前に妻と登ったのですが先客が家族だったので遠慮して王湯にしました。平治温泉のように小さくても男女別ですと入りやすいのですが・・。
赤倉パークホテルONKEN21さんのレポート拝見しました、いい湯だったそうですね。
そうなんです15時から受け付けですと帰り高速でも上田17時着はきついですから、また今回も