関温泉/中村屋(新潟県妙高市関温泉)

関温泉の温泉街の一番上、趣のある建物だが中は改装されきれい、内湯は今日は女湯が清掃中なので夫婦で男湯を貸し切りにしていただいた、浴室の窓は開放されていて紅葉の始まった山が見える、ナトリウムー塩化物泉、透明に近い薄茶濁り、源泉48℃、PH8、浴槽の温度もちょうど良くゆっくり入浴、
画像

画像

画像

露天はいったん外に出て宿の横の森の中へ、途中にはいろいろな花が咲き乱れていた
ヨシズを立てた露天風呂は森林浴も同時に、紅葉、新緑と四季折々に楽しめそう。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ONKEN21
2011年10月15日 07:57
幸村さんも関温泉中村屋旅館に行かれたのですね。
私も連休中、新潟県内の温泉博士、豊野温泉りんごの湯も含めて行ってきました。
中村屋旅館と燕温泉河原の湯という妙高の紅白の湯と特に燕温泉では露天風呂からも紅葉を楽しめて良かったです。
関温泉は休暇村も入ったことがありますが、中村屋から比べたら濁りの濃さ、臭いの強さなど比べものにならないと思いましたね。
長岡の蓬平温泉よもやま舘は地震から風流かつ近代的に復興した渓流沿いの湯、柏崎の廣田鉱泉湯元館は強烈なヌルヌル湯、柵口温泉権現荘は床に流れるオーバーフロー(前から掛け流しだったとのこと)、りんごの湯は露天風呂休止中でしたが、今月限定豊野特産のまこも御膳の食事なども楽しめました。
温泉博士11月号も発売されましたが、白骨温泉ゑびすやが要注目でしょうか?
木曽駒高原ホテルは利用源泉がなかなかわかりませんでしたが、二本木の湯からローリー運搬みたいですね。
2011年10月15日 11:10
山の帰り燕温泉に入りましたが白濁でした、近いけれど源泉が違うのですね。
2011年10月15日 21:52
ONKEN21さんはいつもすごいですね、ワシは先月号も1ヶ所空振りしました、乗鞍温泉の「みたけ荘」AMに到着したら、その日は3時からでした。
今月の白骨温泉は紅葉も見ごろですしいいですね、 あそこまで行って空振りしないよう事前確認必要でしょうか
2011年10月15日 22:02
soreiyu さんは、よく山歩きされている方なので笑われてしまいそうですが、ワシら夫婦は燕温泉の黄金の湯まで行く坂道も、よいしょ、どっこいしょです。
ここ関温泉は、燕とちがい空気に触れると少し赤くなる湯ですね
2011年10月16日 08:38
赤倉温泉には何回か行ったことが有りますが、関温泉にはまだ行ったことがないです、地図で見ると赤倉温泉の上になりますが落ち着いた良い温泉みたいですね。
2011年10月16日 09:14
goさん、おはようございます
温泉は妙高山の直ぐ下の燕温泉もいいですよ。
goさんは山歩きも好きなようなので、いつもこのブログにコメントしてくれる(上記)soreiyuさんのブログに行ってみてください
また山歩きに出かけたくなるような記事がありますよ