田沢温泉/有乳湯(長野県青木村)・・再々入浴

有乳湯(うちゆ)の入口の看板に「この温泉にはその昔、山姥が湯治に来て、大江山の鬼退治の話で有名な坂田金時を生んだという伝説が残っている。伝説からもわかる通りご婦人には卓効があり、子のいない婦人が三十七日、乳の少ない婦人は二十七日入浴すれば効きめがあらわれるという話が今も生きている。子宝の湯、子持ちの湯、はらみの湯、などの呼び名がある」っと書いてある。数年前に建て替え昔のムードはない。温泉も掘りなおしたようだ、前は温めで、ゆで卵の匂いでお腹がすくようだった。今は透明で匂いも少し薄くなったように思われた。
画像
画像

この記事へのコメント